ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

『スウィート17モンスター』

嫌いな方の映画パンツ増田*1が先に観てる!うげぇとなった*2

主人公のネイディーンは17歳の女の子。一つ上の兄ダリアンはイケメンでスポーツ万能なリア充。幼い頃からダリアンと自分を比較してどんどん自信を失い、ネイディーンは皮肉屋になっていく。でも、イケメン男子に恋心を抱くなど、若い女子っぽいかわいい一面もある。その男子との恋の妄想を膨らませちゃうのもかわいい。

親が旅行などで不在になった家はリア充Teenたちのパーリー会場。アメリカ映画の中でよく見かけるやつ。この作品でも「出たっ!」となった。コミュ力に乏しい非リアにとって、そのウェイウェイ空間は完全にアウェイ。見てるこっちが切なくなる。

自分に自信がないが故に屈折し、トゲのある話し方をしてしまう。その上、余計なひと言を口走ってしまう。洞察力や観察力があり、自分は何でもわかっていると思い込んでいる節があるのも痛々しく昔の自分を思い出す*3

たった一人の親友クリスタがダリアンと付き合うことに。友達を奪った兄にムカつき、友達が兄を選んだことは大ショック。自分と同じだと思っていた友達がリア充側にいってしまったと信じて疑わず一人腐る。

先生に対するシーンは、自分自身こまっしゃくれた子供だったので見ながらそれ以上はやめたまえとなったりした。それでも受け止めてくれる先生は本当すごいわ。  

ネイディーンが幸せだったのは筋肉バカとちょっと見下していた兄も、ちょっと煙たい母もとても彼女を愛していたということ。そんでもって一人でも自分を理解してくれる友達に恵まれたこと。出会う人に恵まれていることは大きい。

ただ、映画の公式サイトの煽り文を書いた人!『ゴーストワールド』よりリアルと煽っていたけど、公開当時20代だった者からしたらあれがリアルだったんだよぉ!!!こんなに通信が発達していなかった頃、田舎で息苦しく生きるイーニド*4の気持ちが手に取るようにわかったんだよぉ。

*1:パンツだけを淡々とレビューしている増田に便乗してるのがなんだかなぁとなる

*2:妙な悔しさがある

*3:今もそういうところある…

*4:同級生を小バカにしてたな…