ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

頼りない大人

母が1週間ほど実家に戻るのを知り、タイミングを合わせて数日実家を拠点に仕事。

金曜夜は弟一家が実家に来て一緒にご飯。義妹の帰りが遅くて「遅いねぇいつもこのくらいなの?大変だねぇ」と弟に質問したところ、この日は遅番で最後のお迎えが来るまで待つ担当とのこと。本当は20時までなのだけど、事前連絡があればある程度待つそうだ。

それから堰を切ったように義妹が弟に話した愚痴の又聞き。お迎え時間など臨機応変に対応してきたことでかえって保育園や保育士が親に甘えられるようになってしまったという。善かれと思ってとった対応により仕事が増えたというようなことらしい *1

その後、「姉ちゃん、ウサギが死ぬことを考えているのか?」と聞かれた。ペットロスとかあるんだよ。鬱になった人がいると知人の例をあげながら切々と語ってきた。次の子を飼えばとかダメなんだからねと諭される。

義妹の帰りが遅くて甥と姪の風呂の時間が遅れ、姉ちゃん風呂に入れてやってよと言われた。しかし、母が「姉ちゃんには無理だよ…」と。弟は弟で飲酒していて難しく、母が一緒に入った。

弟がやればいいものの風呂上がりの子供達を受ける役目をやってみろと言われ担当。それすらうまく出来なかった。髪の毛が長い姪の髪をしっかり拭いてやるのを忘れていた。それを指摘されてそういえば…となったところで義妹が帰宅。

弟に駄目出しをされた後、みんなで食事。義妹が帰ろうと呼びかけたところで甥と姪の泊まりたい宣言。嬉しいことに叔母と一緒に寝たい!と言ってくれた。寝る前に寝る位置で揉め、就寝。子供達、驚くべき寝相。顔を蹴られる。さらに二人とも朝が早い。起きると同時に完全な目覚め。ほぼ同じ時間に寝たのにその体力はなんなんだ!

*1:その話を聞いた先入観もあったからかいつもの仕事帰りよりも義妹が疲れているように見えた。