ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

ハイク保管庫(4)

【4月20日

東京駅の中央線ホームでうんこ座りをする20代くらいの女子がいた。パンツが見えていた。

 

【4月21日】

のど自慢を見る。会場は北海道石見沢市。地味回だったが、今週のチャンピオンに選ばれた夫婦はチャンピオン大会映えするだろうなぁと思う。個人的にはヒデとロザンナの「愛の奇跡」を歌った年の差婚の夫婦の方が熱くて好きだった。

夜中、久しぶりにNNNドキュメントを見る。「防衛大学校の闇 連鎖した暴力...なぜ」という、防衛大学校で起こった暴力事件の被害学生が、加害学生、見て見ぬ振りをした学校と国を訴えたドキュメント。防衛大学校の対応のずさんさ、暴力を振るった学生の悪質さが酷すぎて実況に行く。「この暴力に耐えられないくらいじゃないと国を守れない」と書いてる人がいて何言ってんだよと思う。物理的に力を持つからこそ、力での支配はご法度だろう。自分が下級生の頃に上級生にやられて悔しかったのはわかる。なら被害学生のように声を上げるべきだったのではないか?と思う。耐えることは強さではない。この手の組織にあっては抗うことこそ強さだ。被害学生の親が再三にわたり指導教員に対応を迫っていたのにそれをしない。指導者自身も加害の経験があるからなのかと勘ぐりたくなる。それが防衛大学校の伝統と思われても仕方ないし、こんな組織が力*1を持っているのかと思うと恐ろしい。この体質で9条を改正したら大日本帝国陸海軍と同じ轍を踏む。

このまま軌道修正できないならスクラップ&スクラップ防衛大学校は壊すしかない。

 

【4月22日】

久しぶりに行きつけに飲みに行く。つくねが売り切れていた。

 

【4月23日】

名前を明かして楽しく日記のvivi42さんの増田にそら勘違いするわーとなりながら読んだが、ブコメは違っていた。よくある話というブコメを見て、ええーーー!*2全然ないわー、知らないわーとなり、美形女子の承認欲求のひとつというのにマジかよーとなってスターつけたよねぇ。女子の世界はすげーな。俺の住んでいる世界と違いすぎワロタ。

ナンパ避けとして呼ばれていた奴

キミもその気持ちを伝えなアカンで。なんであちらさんに丸投げしとるんや。/ 追記:ちょうどいいので公開中の映画「愛がなんだ」を観てはどうか。覚悟が決まるぞ。

2019/04/23 08:23

せやなと思ったけど、そんな勇気あったらこんなところでくすぶってないだろう。「愛がなんだ」は未見だけど、20代だった頃この世界の岸井ゆきのちゃんみたいになった友達に「うさ増は人を本気で好きになったことがないからわからないんだ!」みたいなことを言われたことがある。「そうなるくらいならわからなくていい」と答えた。

 

【4月24日】

サービスデーなので映画を観に行く。『ある少年の告白』を鑑賞。LGBTQの矯正施設の実態を暴露した実話を基にした映画。

主人公のジャレッドはゲイ。キリスト教の牧師の子として生まれたばかりに親に矯正施設に送られてしまう。しかし、そこは金儲けが目的のとんでも施設で、資格も持たない者が運営しており、LGBTQは治ると言い張り、当たり前のようにモラハラをする。

アメリカではいまだにこの手のLGBTQの矯正施設に入れられる人がいるらしい。アメリカって本当に両極端だよなって思う。最先端の世界とアーミッシュのような世界が共存する。それが懐の深さでもあるけれども生まれた環境次第では最悪だ。

主人公ジャレッドを演じたルーカス・ヘッジズも良かったが、何より原作者の両親そのものに化けていたラッセル・クロウ先輩とニコール・キッドマン先輩のすごさ。パイセンやばすぎる。あと、とんでも施設の指導者役の人が田口トモロヲにそっくりだった。

帰宅後、ブクマをウォッチしていたらtaiheさんがyutaさんのブログをブクマしてて、ブログをちょっと読む。人のブログはやっぱり楽しいなと思う*3。なお、私もビラノアユーザーだが、眠くなったことはない。アレロックやアレグラを飲んでた時の方が眠くなってた。

 

【4月25日】

所用があり、午前休。近所で昼を済まそうと思い、行ったことのないカフェへ。カウンター席に案内され、食事を注文する。しばらくすると常連客と思われる初老の男性が来店し、近くの席に座り、30代の女性店主と会話を始めた。店内の音楽がフレンチミュージックの理由とか、外国語の話などをする二人。男性は比較的インテリジェンスな方らしく外国語を得意気に使う。店主は最近韓国語の勉強をしていると話す。

「アニョハセヨしか知らない。ほかに知ってる言葉を教えて」と言う男性に向かって、「サランヘヨ」と言う店主。声のトーン的に含みがある感じなのも、えぇーーマジかーそれ言う?とドン引きしてしまった。

「意味は」と聞くおっさん*4。恥ずかしそうに答える店主。なんだこの茶番は…。もう2度と来ねーこの店ってなるくらい鳥肌が立つ。キモチワルイ。

つか、その気もないのにおっさんに対して無防備すぎない?と思う。おっさんからはそれ以前の会話からも、あわよくばみたいな感じがあったけども。

パスタも大して美味くねーし、なんだよここ。つか、店主の人の気持ちを弄んでいる感じも嫌悪感しかねー。私はこういう世界嫌いだし、理解したくも許容したくもねーなと思った。前述の名前を明かして楽しく増田のブコメで、普通以上の容姿の女性が承認欲求を満たすために・・ってのに、この店の店主が当てはまっていた。男性側も女性側もお互いをアクセサリーとして機能させている。そういう意味ではベストな組み合わせなのだろう。

 

【4月26日】

明日は仕事があるが*5、連休前だしとずっと気になっていた会社の近所の立ち飲み屋へ。想像以上によい。定期的に寄りたい。良い飲み屋を発見できて幸せだ。

1日ずつハイク保管庫用に書きためてきたが、1個ずつが長すぎる。ハイクではない。もはやブログだ。

*1:しかも物理

*2:まんぷくの福ちゃんで再生して欲しい

*3:Re-KAmさんや、増田で書くとブクマがつくのに自ブログは読まれないと愚痴っていたkionaさんのブログが好きだ。復活してほしいものだ

*4:このやり取りをしている間、完全にオスになっていた

*5:それなりに勝手知っている客先への遅いご挨拶