ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

ハイク保管庫(5)

【4月27日】

遅い午後、仕事で付き合いがある方のイベントに行く。ウサギを飼っていたことがある人ばかりで仕事の話そっちのけでウサギ話で盛り上がる。帰宅途中、毎日チェックしているウサギ専門店のサイトを眺めていたらニューフェイスが登場していた。ウサギ浴してから帰ろうと思い、お店に寄る。ちびたち、かわいい。

 

【4月28日】

毎週恒例の「のど自慢」を見る。会場は福岡県中間市。規制よ…平成最後だからと言って鐘の大盤振る舞いがすぎるぞ!しかも女子に激甘である。普段、このレベルで鐘を鳴らしたことはなかったはずだ。のど自慢実況が「えーーーーーー」*1で埋まったのは言うまでもない。

新宿区回*2ほどではなかったがそこそこ面白い回だったのでゲストは氷川きよしがよかった。きよしはマジでできる子。平成最後の締めにぴったりの人材だったと思う。

個人的に印象に残った出場者は、パチンコ好きのおばあちゃんとのど自慢の前日に喧嘩しちゃった歌唱力ピカイチ「聖母たちのララバイ」女子中学生。話したいことがありすぎて尺を使いすぎる福岡の上沼恵美子*3。司会の小田切千ちゃんにセクハラをする「大ちゃん数え歌」の30代体育会系女子*4。妻へ捧げる歌がなぜか「マジンガーZ」の永遠の少年(63歳)。

前半、千ちゃんがトークを振りすぎたり、福岡の上沼恵美子が話しすぎたため、後半にツケが回り、大工兄弟は8時ちょうどの「あずさ2号」で旅立てなかった。

ゲスト二人の曲が終わり、あと残り2分というところで、千ちゃんの司会力が発揮される。サクサクと特別賞、今週のチャンピオンを発表していく。なお、チャンピオンは実況民も満場一致の「聖母たちのララバイ」の女子中学生で*5興奮冷めやらぬままニュースへ。

そのニュースがまさかの二郎*6!!!再び、俺歓喜。のど自慢受けがシュンリ*7ではなく二郎だなんて…最高としか言いようがない。ニッコリする二郎に胸キュン。ありがとうNHK。いい平成だった。

 

【4月29日】

増田ブクマ友の会に参加。近いしと余裕ぶっこいていたらサブナードで迷子に。2度目の方、初めましての方といた。鯖の野郎、詮索しやがって…、行こうぜ炎上の向こうへ。焦がしてやろうかと思いましたわ。むしろ〆てやろうか…*8。スターストーカー呼ばわりしてたけども、お前も大概やないか。隙を作った自分が悪かったと反省している。

俺の心の標語

インターネッツ 気の緩みが 命取り

 

【4月30日】

友達が作ったApple Musicのプレイリストがツボで繰り返し聞いている。恵比寿中学の「自由へ道連れ*9がとてもいい。このプレイリストで初めてアリアナ・グランデの曲*10をちゃんと聞いたけどこちらもグッとくる感じだった。あと、やっぱり韓国のミュージシャンは層があついなーと思う。友達がプレイリストに入れていたLim Kim、f(x)も良かった。太田莉菜ちゃんが少し前にGINZAの企画で紹介していたOOHYO、Yaejiなんかもいい。

遅い昼、コメダをキメに行く。おばあちゃんたちの声がよく響き、サロンになっているんだなぁと思う。サンドイッチの量がそれなりにあってお腹いっぱいになる。ハーフサイズがあってもいいと思う。夕飯は平成最後の晩餐に載せられてまんまと寿司を食う。いくらとマグロの赤身、生しらすがうまかった。

夜、長渕の歌の歌詞に“唾を吐いた”ってフレーズあったよなーと思い、歌詞検索。「勇次」だった。その後、Apple Musicで曲を探し、長渕のアー写を見て死ぬ。

私の平成-令和またぎはライブ版の勇次だった。OK 勇次歌うぞ!おいっ!おいっ!エビバディセイ!yeah!*11シャーー!長渕、サマソニに出ねーかなー。zozoマリンスタジアムっていうナンパな名前の会場でこの熱量を感じたい。

 

【5月1日】

 サービスデーなので映画を観に行く。観たのは『バースデー・ワンダーランド』と『芳華』。老体に2本はきつくて『芳華』の冒頭寝た。

『バースデー・ワンダーランド』は期待していたほどでもなくて後半眠くなってしまった。主人公アカネの自宅の庭の植物の描写はとても美しいし*12、猫のシーンはとてもほほえましい。でも、物足りない。赤いセーターの件をあそこで終えてしまうとおばあさんが浮かばれないと思ってしまった。

2本目に中国映画の『芳華』を鑑賞。1本目の眠気を引きづり、冒頭寝る。中越戦争時代の中国軍の文芸工作団*13をモチーフにした作品。プールを上から撮影するカメラワークはとても良かった。あと、中国好きとしてはちょこちょこ聞き取れる中国語があって嬉しい。冒頭寝た奴が言うのもなんだが、単なる汗かきっこの新人女子のシャオピンを臭いとか言っていじめておいて、いい話っぽくまとめるのはどうなのよと思う。結果的にいじめが彼女をあの部隊に追いやったのに工作団のメンバーが悪びれる感じがないのがもやもやしてしまう。激戦地での負傷兵の火傷の描写とかリアリティーがあって『ハクソー・リッジ』を思い出した。それにしても、やっぱりディンディン*14はクソ。

その後、学生時代の友達とご飯。半年ぶりくらいに会い、これまであったこととか、これからのことを話す。「会わないうちにうさ増ちゃんにいろいろなことが起こりすぎて頭が追いつかない。でも、遠慮する仲ではないんだからなんでも話してよー」と言われた。なんで黙ることを選んでしまったのか自分でもわからない。個人的に、今月は色々と始まりの月。自分にできるのかと緊張するけど、自分で決めたことだ。やるしかない。

 

【5月2日】

部屋掃除をしている最中、悲しい知らせが届き、フリーズする。とりあえず、泳ぎに行くことにした。帰りに駅前の八百屋で2袋100円の売り文句に載せられて水菜を買う。購入後、こんなに消費できねぇなと思い、「きのう何食べた?」の富永さんが欲しいと切実に願った。

 

【5月3日】

前日の知らせが尾をひく。どうしたらいいのか整理がつかないが、引き続き部屋掃除をする。いろいろなものを保存しすぎていて昔の自分は豆だったなと笑う。整理している過程で文字ぎっしりの紙1枚のフリーペーパーを久しぶりに見て、これ大好きだったなーと読み始めそうになる*15。売るつもりでいた無印のCDラジオの動作確認をするとラジオが死んでた。 CDは聞けるので手元に置くことにしよう。ベッド周辺の掃除をしていたら無くしたと思っていた3DSの充電器が見つかる。やったー!と思って引き出したらコードが切れていた。犯人はあいつしかいない。部屋掃除をするとちょいちょいあいつのイタズラが見つかる。全く愛おしいやつめ。ひょっこり現れるんじゃないかと思ってしまうけど、明日がチビたんの月命日だったね。

f:id:usaginokainushi:20190504210414j:plain

紙1枚のフリーペーパー。文字ばかりがぎっしりと詰め込まれている

*1:甘すぎるーーーー

*2:今のところ今年1番の神回

*3:乳がんを罹患していてその話をしたかったのだ

*4:既婚者である旨のコメントを受け「マジで?」という顔をした千ちゃんがよかったです

*5:歌手デビューして欲しい

*6:二郎とまゆゆは永遠のアイドル

*7:スポットニュースの鉄仮面こと赤松俊里

*8:昆布を握りしめながら

*9:椎名林檎さんのトリュビュートアルバムでカバーしていた曲。いい感じに緩いポップスへ昇華されていると思う

*10:ミッシー・エリオットとの曲が好き

*11:Apple Musicの歌詞表示機能が大真面目にライブのセリフまでを書き起こしていて何度も死ぬ。歌詞が表示されないやつはなんでなんだろう?

*12:それに対して玄関前の絵が昭和のドラえもん感。庭に合うようにして欲しかった

*13:歌や踊りを披露して兵士を慰安する

*14:文芸工作団で一番モテた女子

*15:土ワイ特集とかいちいちキャッチーなのだ