ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

今週のシャンシャン【11】

GW期間中は抽選観覧だったので、10日ぶりくらいのシャンシャン。5/13(日)に訪問した。

おなじみ、リーリーからスタート。

f:id:usaginokainushi:20180812235219j:plain

竹を物色しにやってきて…

f:id:usaginokainushi:20180812235318j:plain

これだ!となる。リーリーはよく竹を嗅ぐ仕草をするらしいので、グルメなパンダさんなのかも。

f:id:usaginokainushi:20180812235535j:plain

背を向けてもぐもぐ。パンダはやっぱり後ろ姿もかわいい。リーリの一挙手一投足を心ゆくまで眺め、ホッキョクグマを見に行く。

f:id:usaginokainushi:20180812235800j:plain

プールがある展示場にいないと思ったら陸側にいた。雑草の花だけど、ホッキョクグマと花ってすごく似合う。

リーリーとホッキョクグマを見て、西へ移動しようかなという時に迷子の男児と遭遇。その子は涙を拭いながら一人で歩いていた。一度は知らんぷりしようとしたが、気になって「ひょっとして迷子になっちゃった?」と声をかけると、「うん」と首を縦にふる。迷子の呼び出しをする総合案内所まで一緒に行こうと話し、一緒に向かうことにした。

迷子になった場所を聞いてみると結構遠い場所。そんなところから一人で来たの!?となり、怖かったね、偉かったねと話す。いろいろな話をしていたら、だんだんと本人の気持ちが落ち着いたらしく唐突に迷子になった経緯を話し始めた。「まだ見てない動物が見たくて一人で歩いちゃったの。そしたらみんないなくなっちゃったんだぁ」。

「そうだったんだね。怖かったでしょう。でも、おかあさんたちも心配してるよー。一人で行っちゃダメだねぇ」と話すと、その子はうんうんと言う。ええ子や。

そうこうしているうちに案内所に到着。係りの人に「迷子の子です」と伝え、その子には「これで安心だね。頑張ってね」と話しかけた。安心したように「うん」の返事。迷子の呼び出しのアナウンスを聞きながら西へ向かうと、西から走ってくる女性。あの子のおかあさんかなと思った。

西に到着。

f:id:usaginokainushi:20180813000147j:plain

雑毛刈りされたアルパカ。

f:id:usaginokainushi:20180813002837j:plain

飼育員さんに撫でられ待ちする羊とヤギ。「私を」、「いや私を」、一同声を合わせて「撫でてください」となっている様子。かわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813000627j:plain

*1おなじみケープハイラックス。多分、オスの方。いつも歯が出ているのがかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813003025j:plain

久しぶりによく撮れたコビトカバ

f:id:usaginokainushi:20180813003404j:plain

推し動物の中のひとつである、ハイイロジェントルキツネザル。やはりかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813003537j:plain

この日、初めて起きている姿に出会い心奪われたタテガミオオカミ。耳の大きな犬のような愛らしい顔。上野動物園に夫婦でいたメスが産んだ双子*2。メスが亡くなり*3、兄弟は飼育員さんの手で育てられた。2匹とも足に障害がある。多分、この子はオス。

f:id:usaginokainushi:20180813004140j:plain

多分、この子がメス*4。おやつをあげたくなるかわいさ。

f:id:usaginokainushi:20180813004506j:plain

シャンシャンの観覧時間が近くなり、東へ移動する。ホッキョクグマがご飯タイムだった。飼育員さんが餌を投げると華麗にキャッチ。

f:id:usaginokainushi:20180813004646j:plain

プールに落ちた餌を捜索する様子。

f:id:usaginokainushi:20180813004733j:plain

見忘れてはならぬ、ゴリラの赤ちゃんリキ。

ようやくシャンシャンの時間に。

f:id:usaginokainushi:20180813004857j:plain

飼育員さんはお掃除タイム。「おまえたち、おそうじがんばりなさい」と、お嬢様感を醸すシャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180813005037j:plain

「忘れてたけど、私眠かったんだ」となるシャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180813005200j:plain

最適なベスト寝ポジションを探る

f:id:usaginokainushi:20180813005238j:plain

ちらっとサービス。

f:id:usaginokainushi:20180813005339j:plain

「やっぱり眠いです」となるシャンシャン。

*1:自分が好きすぎるがゆえに

*2:オスとメス

*3:育児放棄もしてたとかなんと説明書きがあった気がする

*4:数日後、上野動物園に行ったとき、悲しくなった

今週のシャンシャン【10】

4/30(月)。twitterで調べ、このくらいに行っておけば観覧券もらえるかな?と思い、出かけた。この日は15時後半の観覧券を受け取ったので、シャンシャンが出るまで推し動物のオンパレード回。

午前中、リーリーの観覧を待っている時、車椅子のお客さまに「こっちから*1ですよ」って声をかけたのは失敗だったかもしれない。警備員さんに案内されてリーリーを見ていたのだけど、超遠慮してた。そこからじゃリーリーの背中しか見えない!警備員さんは、ちゃんともっと案内してやってくれよー。案内しながら説明してやってくれよー。警備員さん、パンダたちのことめっちゃ詳しいじゃんよー。

一般レーンで車椅子からパンダを見ようとすると柵が邪魔をして見えない。でも、あの方は並んで見たかったのかもしれない。出過ぎた真似をしたなと思う。西へ行ったとき、その方とすれ違った。さっきは「すみません」と謝ればよかったなぁ。今さらながら後悔している。

そんなこんなでリーリーからスタート。

f:id:usaginokainushi:20180807234755j:plain

↑かわいい耳。↓かわいい横顔

f:id:usaginokainushi:20180807234959j:plain

遠くで食事をしていてもリーリーはかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180807235202j:plain

パンダ以外の推し動物を見に行く。

f:id:usaginokainushi:20180807235424j:plain

水もしたたるいいカワウソ。

f:id:usaginokainushi:20180807235827j:plain

眠るマレーグマ。

f:id:usaginokainushi:20180808001013j:plain

かわいいツキノワグマ

f:id:usaginokainushi:20180808000832j:plain

餌箱に顔を突っ込むホッキョクグマ*2

f:id:usaginokainushi:20180808001612j:plain

ホッキョクグマほど美しい動物はいないんじゃないかってくらいのお顔。

f:id:usaginokainushi:20180808001851j:plain

日本国内最高齢のゴリラのピーコさん。

f:id:usaginokainushi:20180808002151j:plain

弟のリキは渡さん!となっている姉のモモカ。モモコ母さんがリキのお乳の時間だからーとなっている所だと思うのだけど、モモカのこういう姿は本当に愛おしい。

f:id:usaginokainushi:20180808002540j:plain

ゴリラ舎の池で水浴びするスズメ。西へ移動する。

f:id:usaginokainushi:20180808002701j:plain

あくびするアグー豚。

f:id:usaginokainushi:20180808002955j:plain

凛々しい見島牛。

f:id:usaginokainushi:20180808003157j:plain

ケープハイラックス。上野動物園に通ってよかったなぁと思ったのはケープハイラックスを知ったこと。本当にかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180808003542j:plain

マヌルネコ。起きてた。

f:id:usaginokainushi:20180808003742j:plain

潜水しっぱなしのカバ。

f:id:usaginokainushi:20180808003946j:plain
f:id:usaginokainushi:20180808004101j:plain

キリンのりんごちゃんとオカピ*3

f:id:usaginokainushi:20180808004737j:plain

ハイイロジェントルキツネザル上野動物園で今育てられている2匹は兄弟。マダガスカルからやってきた夫婦が遺した子供なのだが、仲は良くないらしい。

f:id:usaginokainushi:20180808004925j:plain

桟橋を渡るワオキツネザルを見られた時はラッキーだなって思う。結構いい時間になったので東へ移動する。

f:id:usaginokainushi:20180808005510j:plain

アザラシ。大きな屋外水槽を気持ちよさそうに泳ぐので子どもたちに大人気。アザラシとアシカ館の前は動物も子どももかわいい。というか、子どもが喜んでいることに、動物たちが気付いてんじゃねーか?って動きをするときある。リクエストにお応えして…みたいな。

f:id:usaginokainushi:20180808005613j:plain

ネコみたいになるトラ。

やっとシャンシャンの時間になった。

f:id:usaginokainushi:20180808010025j:plain

これまででいちばん美しく撮れたシンシン。マジ美パンダ。

f:id:usaginokainushi:20180808005950j:plain

プリケツシャンシャン。というか、シャンシャン直前までバリバリ起きてたじゃねーかと思ったわよ。

f:id:usaginokainushi:20180808010231j:plain

かわいいお顔が見えただけよしとしたい。横顔のかわいさ。

f:id:usaginokainushi:20180808010423j:plain

リーリーがお部屋に帰ってしまったのでアリクイを見た

*1:車椅子向けに見やすいスペースが確保されている。

*2:この餌箱の構造については後々の更新で明かしたい

*3:オカピは後々暑さに強いんだと知った

指向と嗜好

今週末は仕事が終わらず、シャンシャンに会いに行けない。辛い…。

先週の日曜日の朝の話。「ゲイだけどショックを受けてる」という増田を読んだ。そのときのブクマ数は多くなかったが、ホッテントリに入っていたように思う。それについた数個くらいのブコメ*1を読み、いろいろな意見に対してなるほどなーとなった。

増田の内容は、杉田水脈議員の『新潮45』掲載の記事に対し抗議するツィートに、それもまた差別だというブコメを読みショックだったというようなもの。セックス中心に論じていたものの*2増田の違和感というのがわかった。

増田が言及したブクマページで、senbuuさん*3が下記のようなブコメを書いている。

ROCKinNET.com on Twitter: "同性愛を近親相姦とか獣姦と同列に捉え、挙げ句の果てに機械と結婚させろと言うかもなんて侮辱まで平気でし、それが正論だと思っている #杉田水脈 こそ異常者ですね。多様性を理解できないのなら民主国家の議員でいる資格はあなたにはありません… https://t.co/EQ2AEbldzu"

同性愛等の性的指向は、無条件で全肯定されねばならない。一方、獣姦等の性的嗜好が許されるかどうかは場合による。両者にはその違いがあるのだが、杉田には区別がつかず、しかもどちらも否定的。二重に誤っている。

2018/07/29 13:20

b.hatena.ne.jp性的指向性的嗜好では違うが腑に落ちる。私の中でLGBTは性別という認識。異性愛男女、同性愛男女、両性愛男女、無性愛男女という感じで、男、女といっても多種多様であるという感じ。その中の性的嗜好として、近親相姦や獣姦、小児性愛などが入っていくイメージ*4。だから増田の言う違和感というのが、私と同じものなのではないか、と思った。

時間が経つにつれ*5、「その考え方は差別だ」という意見が多くなり始める。確かにそういうものと自分たちが一緒にされるのは嫌だと感じるのは差別だと思う。でも、LGBTを“性癖”とするのは自分の感覚とは一致しない。モヤモヤとしたものを持ちながらその多数の意見が正しかろうと、それは元増田への返しとしては正しくないと思った*6

増田はカミングアウトしていないと書いていた。周囲に他言できず、でもショックを受けたことを誰かに言いたくて、匿名で書ける増田を選んだのだろう。気持ちをわかってほしいくらいの思いはあったと思うが正論なんか求めてない。ましてや議論をするつもりなんてない*7。「辛かったという気持ちを書きたい」ただそれだけのことだ。

そんな中、元増田のタイトルを改変した「ズーフィリアだけどショックを受けている」というトラバ。これは悪質だと思った。元タイトルがケモナーだったし、本文にホモ表記が散見され、書き手に意図した差別意識があることがわかる。それなのに賛同する意見が多くてマジかよ!となった。

追記で丁寧な言葉遣いで元増田を諭すように語るのだが、“忌避感を利用して相対的にホモはまともである”の一文。ゲイも、ズーフィリアもまともだろ。まともじゃないと思っているからそういう言葉使いになるのではないか。今は改変して、今度はうまくやりまーすみたいになっている。人を傷つけた記事で注目を集めて承認欲求は満たされたか?

yas-malさんがトラバの増田の改変前の記事にに対して、下記のようなブコメを書いた。

ケモナーだけどショックを受けている

おまえさん、元増田と一対一で顔を見てこれを言える? 相手は血も肉もある人間なんだぞ。

2018/07/29 23:20

b.hatena.ne.jpこの増田についたブコメのほとんどがそうだと思う。それ一対一で元増田に言える?

元増田が本文を改変したり、消したりすることを逃げだなんだというのもどうなんだと。そうなるように追い詰められた*8と、元増田が思っても仕方ないと私は思う。

それにしても女性差別とかも出てきて日本ヤベェーですな。仕事後の爽やかな朝*9、窓を開けたら、これはタバコの臭いなのか?という香り。また寝よう。

*1:ほぼ毎週末、シャンシャンを見に行っているので早起き

*2:そのせいであらぬ方向にいったのではないかと思うのだが

*3:zaikabouさんのブクマで元 taka37564 さんだと知りました

*4:ケヴィン・スペイシーの少年に対するわいせつ疑惑もあったし、同性愛者の対象が大人になるとは限らない。ほかも同様に

*5:上野への移動とパンダ待ち

*6:モヤモヤというよりは性癖とするのが正しいと思えないから余計に

*7:ブコメに反応して違う違うそうじゃないとかやると、議論しようぜ的な展開になるよね。これは弁がたつタイプじゃないと辛い芸当です。投げっぱなしのほうが良い

*8:繰り返すけど、セックス中心に語ったのが大きい。なぜセックス云々としてしまったのか…

*9:夜10時くらいに寝て2時くらいに起きて仕事した

すぎょいバンド

7/19(木)リキッドルームzazen boysのライブ。

昨年末にベースの吉田一郎が脱退し、しばらくはバンドのライブは見られないかもなどとガチファンの友達と話していた。しかし、想像より早い段階でライブ開催の一報が届く。「縁もゆかりもあるリキッドでのライブならサポートではなく正式メンバー発表じゃないかなぁ」と言う友達の予感的中!

ナタリーかなんかで沖縄のバンド385のベースのMIYAさんが加入することを知る。友達は「ソニックユース、トーキングヘッズ、イースタンユースと言った名だたるバンドのベースは女子。ザゼンもそうなるなんて!」と興奮。そんなわけでかなり楽しみにしていたライブは期待以上のものだった。

MIYAさんの何がすごいって違和感がないこと。もう曲を自分のものにしている感じがあり、前からバンドのメンバーだったみたいな雰囲気。多分、ほぼ全曲が新ベースにあうアレンジになっていたというのも大きそう。

吉田一郎のベースは轟音系というか音が強かったので、MIYAさんのベースはかなり新鮮に聞こえた。音が小さいというわけではないのだけど、一郎*1のベースとは違う強さがある。向井さんの歌もよく聞こえたし、何よりカシオのギターが際立って聞こえてきた。カシオのギターはやっぱり面白いと改めて思う。

イースタンユースの吉野さんがツィートしていたけど、“変わり続けていて、ずーっと変わんない”。確かにとなった。

ライブ後、「新アルバムは歌もの系路線でいくような気がする」と、友達。一郎がいたからクラブミュージックっぽい曲をバンドでやったりしていて、それはそれで面白かった。でも、MIYAさんになったことで、またバンドの雰囲気が変わりそうな予感大。新アルバムが待ち遠しい。

*1:今にして思えばかなり個性的だった

今週のシャンシャン【9】

4/28(土)に訪問。暑くなると聞いていたから朝ご飯は冷やし山菜そば+ちくわ天。

この時期は、副業の方で色々あり、心の支えはシャンシャン。リーリーやシャンシャンに会っている時だけ、嫌なことを忘れた。

この日のシンシン&シャンシャンの観覧時間は12:40の回。

GW初日の土曜日だったが、普段の日曜日と比べると比較的空いていた。ただ今日もシャンシャンの定位置はお気に入りの木の上。リーリーの屋外運動場から見える場所なので、リーリー<<シャンシャンになって写真を撮る方が多かった。リーリーをもっと見て!今超かわいいでしょ、リーリーとなったりした。

午前中のリーリーはご飯タイム。

f:id:usaginokainushi:20180701011334j:plain

こうやって竹をしっかり持って、口角を上げて食事する姿は本当に可愛い*1。 

f:id:usaginokainushi:20180701012707j:plain

リーリー舎の隣から突如登場し、観客の関心を奪っていく上野のアイドル、シャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180701012931j:plain

上野動物園にいるゾウはインド出身の子たち。皆、本国で芸を仕込まれている。そんなわけで飼育員さんが指示すれば、ゾウさんシャワーはお手のもの。

f:id:usaginokainushi:20180701011834j:plain

シンシン&シャンシャン待ち中に見た動物たち。皆、愛らしい。まず、あくびをするカワウソ。

f:id:usaginokainushi:20180701013351j:plain

エサ待ちをするホッキョクグマ。いまだにデアとイコロの見分けがついていない。

f:id:usaginokainushi:20180701013513j:plain

水からあがり、ホッキョクグマドリルをする様子。

f:id:usaginokainushi:20180701013805j:plain

猫みたいに遊ぶトラ

f:id:usaginokainushi:20180701013941j:plain

幸せそうに眠るゴリラの赤ちゃん、リキ。

f:id:usaginokainushi:20180701014135j:plain

そうこうしていたらシンシン&シャンシャンの観覧時間になった。飼育員さんに何か欲しいなぁとアピールするシンシン。

f:id:usaginokainushi:20180701014659j:plain

屋外運動場のお気に入りの木の上で日干し中の人形のようなスタイルで眠るシャンシャン。内臓が圧迫されることはないんだろうか?

f:id:usaginokainushi:20180701015127j:plain

娘さんが変なスタイルで寝てようが気にしない。シンシン余裕の腹かき

f:id:usaginokainushi:20180701015336j:plain

続いて、西へ。

日本の家畜たちはまったりモード

f:id:usaginokainushi:20180701015942j:plain
f:id:usaginokainushi:20180701020016j:plain
f:id:usaginokainushi:20180701020044j:plain
豚、馬、牛

カンガルーのお母さんと赤ちゃん

f:id:usaginokainushi:20180701020313j:plain

よく動くと評判の上野のハシビロコウ

f:id:usaginokainushi:20180701020429j:plain

丸太の上で何かを警備するケープハイラックス。警備してても口角は上がってしまう。

f:id:usaginokainushi:20180701020756j:plain

起こしたの誰よ!と、ちょっと不機嫌そうなマヌルネコ

f:id:usaginokainushi:20180701020948j:plain

アイアン館へ行き、ハイイロジェントルキツネザルを見る。眠そうな顔がかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180701021107j:plain

東へ戻る。

なにこいつ?ってなっているアリクイ。

f:id:usaginokainushi:20180701021250j:plain

百獣の王も眠る時

f:id:usaginokainushi:20180701021553j:plain

我らのリーリーは水風呂で涼んでいた。

f:id:usaginokainushi:20180701021639j:plain

*1:よく見たら目をつぶって旨い!となってる!最高かわいい!!

『君の名前で僕を呼んで』

5/23に俳句した通り、きゅうりおまえってやつはとなったのが、この映画だ。

今んところ今年見た中で一番好きな作品。こんな胸が苦しくなる恋愛映画は初めて見た。

主人公エリオは高校生男子でリベラルな両親と暮らすフランス人。夏の間、彼ら一家はイタリアの田舎で過ごす。その期間中、父が教える大学の学生が毎年研究補佐としてやってくる。この年、研究補佐としてやってきたのが精悍なアメリカ人男性オリヴァー。エリオはいけ好かない奴などとオリヴァーのことを思っていたのだが…。

エリオと恋仲になるオリヴァーの心の機微は当然ながら、両親の心の機微までも描いていたように思う。エリオのご両親はエリオの感情に気づいているんだなという場面が割と最初の頃にあり、それでも何も言わずに見守るという姿勢がすごくいい。

まだ自分の性についてわからない。けれども、本能でオリヴァーに惹かれてしまうエリオ。そこにご両親の昔からの友達であるゲイカップルが登場する場面など本当に素晴らしかった。

ご両親が息子であるエリオを見つめる目線がいつも寛容で優しい。人の多様性を解くように息子を諭し、慰める場面は涙なしには見られなかった。

スフィアン・スティーヴンスの曲がかかるエンディング。エリオが暖炉の前で佇むシーンの切なさ。彼の後ろでは日常を送る家族の姿が見える。それが妙に悲しい。こうなった時、家族ですら語りかける言葉などないのだ。

隣で鑑賞している男性がかなり号泣。その気持ちがすごくわかったが、その後に聞こえてきた友達同士で見に来た観客の「ありがち」という感想。えーそうかな?そんなありがちか??と悶々。時代背景などを考えると、そのときの同性愛のむずかしさ、それぞれの恋愛感情も丁寧に描かれてた気がするけどなぁ。

美少年が出てくる映画『ベニスに死す』もあるけど、私にとってのエリオは、萩尾望都が描いた男子だった。まさか漫画の世界だけだと思っていた男子が!!という想定外の驚き。『トーマの心臓』や『ポーの一族』で描かれた可憐な男子を実写で見る感動。それほどまでにティモシー・シャラメは可憐で美しく、見ているこっちも恋に落ちた。

今週のシャンシャン【8】

4/22(日)に訪問。暑かった。腕に日焼け止めを塗らなかったので焼けた。朝ごはんは山菜そば+ちくわ天。今日は冷やしでもよかったのでは?とふと思った。

上野到着。超混んでる。あとからあとから人がやってくる。GW期間中はヤバそうだなぁと思う*1。シンシン&シャンシャン観覧券は11:10の回。まずリーリーを見ようと向かうと木登り中のシャンシャンが見えた。みんな、リーリーではなくシャンシャンに夢中。私もシャンシャンを激写。

f:id:usaginokainushi:20180430231948j:plain

リーリーは背中を向けて食事中だった。

f:id:usaginokainushi:20180430232044j:plain

シャンシャンを撮りながらパンダウォッチャーさん*2に話しかける。屋外放飼場の木で寝るようになったのは金曜*3からかな?と気になり、質問。「そうそう。その日から始まって木に巻きつけていたものを外してあげたみたい」というお話。土曜日も上がっていたらしい。そのせいで海外のお客様まで「Panda cub!」つって、シャンシャンを撮影。そんな中でもリーリーはマイペースだった。

クマたちを観に行く。

f:id:usaginokainushi:20180430232516j:plain
f:id:usaginokainushi:20180430232546j:plain
マレーグマとツキノワグマ
f:id:usaginokainushi:20180430232633j:plain
f:id:usaginokainushi:20180430232701j:plain
久しぶりの水中ホッキョクグマ。美しい。

その後、ライオン、トラ、ゴリラのいる場所へ*4

ゴリラを見る。先週は紳士だったが、今週はご婦人が上野ゴリラファミリーについてかなり詳しく解説してくれた。へー!へー!さっそく、ゴリラ相関図*5を紹介したい。

f:id:usaginokainushi:20180429150912p:plain

 ゴリラは一夫多妻制。そんなわけでハオコの奥さんは3人いる。子供の子育ては赤ちゃんがある程度大きくなるまではお母さんがつきっきりで誰にも触れさせないぞって感じで行なう。それなりに大きくなったら子供達に任せてしまうそうだ*6。とはいっても、子供達はお乳をやれないのでお乳の時はお母さんが面倒をみる。姉妹は二人ともリキの面倒を任されているが、とくに次女のモモカがリキの面倒を見たがり、なかなか離さない。その様子はとても微笑ましい。

f:id:usaginokainushi:20180430233941j:plain
f:id:usaginokainushi:20180430234020j:plain
モモカにおんぶされるリキ。母の背に乗り、コモモのいる岩に移ろうとするリキ

夢中になってゴリラ一家をウォッチしていたらシンシン&シャンシャン観覧時間になる。シンシンかなりピンボケ。

f:id:usaginokainushi:20180501002621j:plain

シャンシャンは起きていた。お尻が泥だらけ。

f:id:usaginokainushi:20180501002719j:plain

大福のようなシャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180501002839j:plain

日干し中のぬいぐるみ。

f:id:usaginokainushi:20180501002935j:plain

ではありません。体勢を立て直す

f:id:usaginokainushi:20180501003042j:plain

ぺろりと舌を出す。かわいい。かわいすぎる。

f:id:usaginokainushi:20180501003123j:plain

寝ちゃおかな

f:id:usaginokainushi:20180501003158j:plain

シャンシャンのおかげでいい加減につかっているphotoshopのツールを1個覚えた*7。ありがとうシャンシャン。シャンシャンに大満足し、またリーリーを見る。

f:id:usaginokainushi:20180501003724j:plain

西へ。気持ちよさそうに眠る豚さん。

f:id:usaginokainushi:20180501003833j:plain

毛刈り後の羊さん(左)*8とヤギさん

f:id:usaginokainushi:20180501003919j:plain

小動物館へ。食事中のケープハイラックス。やっぱりかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180501004735j:plain

f:id:usaginokainushi:20180501005038j:plain
f:id:usaginokainushi:20180501005126j:plain
食事中のコビトカバ。キリンのヒナタ。

窓際に集まるワオキツネザル

f:id:usaginokainushi:20180501005540j:plain

桟橋を渡る子

f:id:usaginokainushi:20180501005730j:plain

他の子と比べて首が長い気がするケープペンギン。

f:id:usaginokainushi:20180501005811j:plain

アイアン館へ。フォッサ*9が起きていた。肉を食っていた。

f:id:usaginokainushi:20180501005921j:plain

ハイイロジェントルキツネザルが起きてた。きゃわわ。

f:id:usaginokainushi:20180501010510j:plain

帰りにリーリーを見に行くとまたシャンシャンが顔を出していた。

f:id:usaginokainushi:20180501010646j:plain

リーリー木登りしてみんなをギャフンと言わせるんだ!とか思っていたら入浴を始めた。暑かったんだね。

f:id:usaginokainushi:20180501010812j:plain

姿勢良く浸かる

f:id:usaginokainushi:20180501010911j:plain

パンダと上野動物園が好きすぎて、画像をあまりにうpりすぎ、4月下旬にこのブログを書き始めた時、90%近く使っていた。そろそろはてなプロになるときなのでは?と思い始めている。

*1:5/3~5/6は抽選制。父母、友達を巻き込んで応募した結果…はずれた!!ショックである。大ショック!母も楽しみにしていたらしい。そんなわけで落選ハガキが届き、がっかりしたそう。友達もリスケ案件となり、結構お怒りモードで申し訳ない状態に

*2:毎週行くとお見かけする。

*3:4/20

*4:ライオン、トラは写真なし

*5:この人数しかいないのに制作に力つきてしまう

*6:もっと大きくなると父も子育てに関わるそう

*7:覚えたけど、失敗補正の修正が面倒くさいのでそのまま。失敗しててもシャンシャンはかわいい

*8:上野動物園公式のtwitter情報によると飼育員さんがプロに学びかなり上達したらしい

*9:マダガスカル食物連鎖の頂点に立つ動物。wiki見たらデス六さんがブクマしてた