ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

『夜明けの祈り』

第二次世界大戦後、ポーランド修道院で実際に起こった話。ソ連兵が修道女たちをレイプしたことに端を発する。フランス人の女性医師が見ず知らずの修道女に請われ、心身ともに傷ついた彼女たちを助ける物語。

ソ連兵だけが畜生なのだ。しかし、陵辱され傷ついているはずの修道女たちは子を身ごもり誓いに背いてしまったと自分を責める。

事実を知られてしまうことは恥。修道院存続も危うくなってしまう。口外されることなくこの急場をどうしのぐか。どう繕うかしか頭にない。その選択が人の道に背いていたとしても進んでしまう。誰にも相談できず窮地に陥った人間は正当な判断ができない。その選択が間違いであったとして、それを責めることは難しい。

女性医師を通してセックスを描く。同僚医師との同意あるものと、ソ連兵によるレイプ未遂。対比的に見せることで未遂とはいえレイプ被害に合う恐怖の凄まじさを感じた。

身ごもった修道女は7人。子供を産むことに目を背ける者。当初目を背けていたものの、他人の子に乳を上げることで情が移り愛してしまう者。自分の子と改めて対峙し、私は母だと悟った者。皆が我が子を愛してくれると悟り、修道院を去り自分の道を生きようと決めた者。女性自身の様々な生き方も提示する。子供を身ごもり、出産したからといって愛情深い母になるわけではない。

フランス人の男性医師役をどっかで見たなーと思ったらやっぱり、『メニルモンタン』の主役の人だった。メニルモンタンであんなダメっぽさを出していたのにイケメンだった。

『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』

かわいい女の子二人組が主人公という時点で卑怯なのだが、バカバカしくて最高な映画だった。映画サイトでは大体低評価なのも笑う。主役のリリー=ローズ・メロディ・デップちゃんがとにかくかわいい。何やってもかわいい。

かわいいかわいいリリー=ローズをよろしくね!感がビシバシと伝わってくる。なんでかっつーと家族総出で出てるのだ。ヴァネッサ・パラディーが出てきたとき、マジかよwとなった。パンフレットが安かったので買って読んでいたら、えーーーマジかよ!!あの役、ジョニー・デップだったのかよ!両親とも娘愛が深い。さらに、息子まで出てたらしい。家族総動員。長女のために本気を見せる。

家族でだいぶお腹いっぱいなのに、シックスセンスの子役のハーレイ・ジョエル・オスメントがカナダ版のナチス主導者みたいな役で出演。いい感じに味わいある大人になっていて登場シーンで笑ってしまった。そんでもってスタン・リーまで出てきてネタ盛り込み過ぎ。

女の子二人がバンドの練習してて歌うシーンから始まる。この冒頭で完全に心を鷲づかまれた。コォーリー~ン♪ コリーーン♫ 女の子の名前はふたりともコリーン。ヨガ好きでヨガバカコンビと呼ばれている。

リリー=ローズちゃん演じるコリーンの親がコンビニのオーナーで二人のコリーンはコンビニバイトをしている。そんなある日、高校の歴史の授業*1でカナダにもナチスがあったと教えられた。何とそのナチスが拠点にしていたのが、コンビニがある場所だったのである。行方不明になっていたドイツ出身の科学者が化学兵器を作っていた…。それからその化学兵器と戦うことに…という展開。ドイツ出身の科学者が開発したからって化学兵器がソーセージで中身がザワークラウトってどうなんだよ!

今時の女子校生、携帯がないとダメなのはどの国も一緒。めっちゃ早く打つ描写とか国は争えない。どこの国も同じでフフっとなる。

ヨガ教室の壁が映ったときに笑った人がいて、何書いてあるのかなと思って見たら

Yoga is ninty percent mental and the other half is physical.

って書いてあった。メンタルが90%で残り半分がフィジカル。英語がわからない自分でも、んん??

調べたらヨギ・ベラという元メジャーリーガー*2の迷言を元にしたネタだった。ヨガの先生がYogi・Bayer(読みはヨギ・ベヤーか?)ともじっていた。映画やドラマ以外のアメリカネタをもりもりに盛り込んでいたっぽい。ネタがわからんというやつが結構あった。ただ英語圏の人たちはモノマネをネタにするとき、だいたいクリストファー・ノーラン版のバットマンのモノマネを入れてくる。

鑑賞後、びっくりするくらい何も残らない。リリー=ローズちゃんかわいいくらい。音楽は好みだった。

 

*1:歴史の教師がヴァネッサ・パラディ

*2:アメリカ版のミスターみたいな人だった

思い違い

初めて見た新海誠の映画は『君の名は。』。この映画は映画館で鑑賞した。『君の名は。』が超人気作になったおかげでテレビ朝日の深夜枠で過去作品が放送されることになり、『秒速5センチメートル』の録画に成功。

見始めると30分くらい経過したところで睡魔に襲われる。映画館ならお金かかってるし!と堪えるが家で見てるからとつい寝ちゃう。そんなわけで、あーえーとどこまで見たっけかな?となりながら鑑賞。それを正味4回くらい繰り返し、ようやく見終えた。

先週くらいだったか*1に、『言の葉の庭』がやるのを知って録画。観始めるとやっぱり30分も経つと眠くなり、寝る。『秒速〜』と同じ現象。3回くらい繰り返し、どうせまた寝ちゃうからもう観るのやめて消しちゃおうかなと悩みつつ、これが最後と鑑賞。結果的に消さずに観ることができてよかった。

ストーリーはどの作品も男性漫画誌における恋愛マンガっぽさ*2を感じる。主題歌の挿入の仕方、登場人物の心の声で消化していくのとかこの人の特徴なのかな?となりながらエンドロールを視聴。

えーー!言の葉の庭』の主題歌を作ってたのって大江千里だったの!?という驚き。てっきり秦くんの楽曲かと思ってた。「格好悪いふられ方」の一発屋なんかではなく、調べてみたら光GENJIの「太陽がいっぱい」も大江千里。若い頃にあんな曲やこんな曲を作っていたのか、すげー。そんな認識を得られただけで頑張って最後まで観てよかった。

3作品観て感じたのは、新海誠の映画はラッセンぽい*3。景色の絵に艶感があるのが大きい。艶やかで綺麗だなと思う。

*1:おそらくブルーレイ発売記念かな?

*2:男性漫画というかマガジンの『Boys be…』感。ハッピーエンドが多いけど、それっぽさを感じてしまう。特に言の葉の庭。個人の感想です

*3:個人の感想です

『ぼくと魔法の言葉たち』

アメリカのドキュメンタリー映画自閉症オーウェンとその家族の物語。

映画を観ながらNHKのドキュメンタリー「自閉症の君との日々」の東田直樹くんを思い出した。彼はキーボード*1を介すことで自分の思いを語ることができる。

『ぼくと魔法の言葉たち』のオーウェンはディズニー映画をとおして言葉を取り戻した。ディズニー映画の映像がふんだんに使われていて、オーウェンがこの世界からいろいろなことを学んだんだなとわかる。セリフをほとんど覚えていて、映画を観ながら一緒にセリフを言う場面などは微笑ましい。

オーウェンは3歳になった頃から言葉を発しなくなる。言葉を失ってからずいぶん経ったある日、ディズニー映画を観ていたオーウェンが何かを言う。その後、またしばらくして今度ははっきりと一言。「ひょっとして?」と思ったお父さんがオーウェンが大好きなアラジンの脇役のぬいぐるみを動かし、声真似をしながら話しかける。するとオーウェンがスラスラと返事。「3歳の頃から君*2とは友達だ。今の自分には友達がいなくて寂しい」と言う。その後、家族はディズニー映画のセリフを元にオーウェンと会話を交わし始める。家族がオーウェンを取り戻した。

家族のこともきちんと取り上げているのもよかった。兄のウォルト*3は誕生日が来るたびに自分の重荷が増えているようだと感じてしまう。両親も弟も大好きだ。けれども弟を最後まで見てやれるのは自分だけだと全てを背負おうとする。家族だからこそ直面すること。

自閉症の人は友達がいらないと言われる。でもそれは嘘だ。友達は欲しい」とオーウェンは話す。東田くんもそうだけど、思っていることを話せる自閉症の人が話すことで自閉症の人への理解が深まっていくように思う。

 それにしてもオーウェンは今20代。20年前のアメリカでも自閉症の診断が難しかったそうだ。日本はもっと大変だったのだろうな…。

 

 

*1:お母さんがQWERTY配列を紙に書いたもの

*2:アラジンの脇役

*3:兄の名前がウォルト・ディズニーと同じ名前で、すごい奇跡だわと思ってしまった。

7月はせわしなかった

今月は毎週末仕事が入った。代休があるはずなのに有耶無耶になっているような職場で休めないのが辛い*1。1週間のうち1日は約束事*2に縛られず過ごしたい。しかし、それがなかった。精神的にどっと疲れた。

いつもなら映画の感想を悠長に書けていた。しかし、今月はそんな心のゆとり一切なし。ザゼンのライブ見たり*3、映画観たりはしてた。

観た映画は『美しい星』、『ぼくと魔法の言葉たち』、『ミツコ感覚』、『ありがとう、トニ・エルドマン』、『ハクソー・リッジ』、『銀魂』。

『美しい星』、『ありがとう、トニ・エルドマン』は期待したほどでもなかった。つまらないわけではないけど、すごい面白かったわけでもない。

銀魂』は時間的にあうのがこれでサービスデーで観賞*4。つまらないわけではないけど、やや冗長的だなと思った。ヤスケンが素晴らしかった。

『ぼくと魔法の言葉たち』*5、『ミツコ感覚』、『ハクソー・リッジ』はそれぞれ違うベクトルで面白かった。

ハクソー・リッジ』は前評判通りリアルな戦闘だった*6。劇中、日本兵同士の会話がちゃんと日本語でびっくりした。沖縄出身の知り合いがいて、この映画を面白い!と言っていいものなのかとちょっと悩む。それくらい戦争がリアル。

ハクソーリッジを攻略するまでに大部分を陥落させたのかな?とか想像したら怖くなった。米軍が拠点にしている街の焼け野原の焼け野原感がすごかったりも。

戦争シーンで4、5回ガチビビりしてガタッっとなった。ネズミやウジに喰われ、人が朽ちていく描写。爆撃で足が吹っ飛んだり、人が飛ぶのは当たり前。切腹シーンを妙にきっちり描いてて、これいる!?とちょっと笑いそうになった。

日本兵の十八番特攻シーンがあったりしたかと思ったら、米兵がガスボンベ見たいのを背負いながら焼き払っていく*7。これの係の人いくらなんでも命がけすぎる。アメリカ版KAMIKAZEだろー。絶対、死んじゃうと思ったら爆弾が飛んできて激しくボーンっ!死ぬという描写があった。とことんすさまじかった。すさまじい以外にない。

*1:いろいろあって転職活動中。改めて転職するぞ!という出来事があった

*2:遅刻できないタイプの待ち合わせ

*3:新曲1曲やってた。あと『ディストラクション・ベイビーズ』の曲はここんとこライブでやる印象ある

*4:漫画もアニメも見たことない。前情報なしで観た

*5:書きかけているのでいつかアップしたい

*6:志願した当初の訓練シーンで上官が「ハッスル、ハッスル」と連呼してた時は笑った

*7:実際そんな武器があったの!?

祖父の戦争

月〜土毎朝楽しく見ている朝ドラ『ひよっこ』。地元茨城が舞台。便乗が下手すぎるとかいろいろ思うところがある。けれどもそれすら茨城らしくて微笑ましい。

今週は主人公みね子の叔父である宗男さんの戦争の話。祖父の体験を聞かされているかのようだと思ってしまった。宗男さんを演じる峯田くんが、あさイチに出演できることを願うばかり。

私の祖父も茨城の人だ。祖父がどの部隊だったのかはわからない*1が、祖父も宗男さんと同じように東南アジアに行かされた一人。ただ、祖父は東南アジアにいた頃、現地の人によくしてもらったんだいう話を母や義理の息子である父に結構頻繁に話したという*2。私も祖父が残した戦争中の写真を見たことがある。オラウータンと映った写真や日本兵の服を着て斜面でお弁当を食べる写真。どれも穏やかな写真で戦争をしているとは思えなかった*3

祖父は稀に中国にいた頃のことを話したたそうだ。その話を聞いた父から「じいちゃん、少し遅ければシベリアだった」と教えられた。祖父がどの隊にいてどういったルートを経たのか私は知らない。

私の知っていることは祖父が軍人恩給を拒否したこと。「自分よりも辛い思いをしている人がいる。だからいらない」と言ったらしい*4。それが正しい選択だとは思わない。けども、祖父にはそういった選択をとるきっかけとなった何かがあったのだろう。

宗男さんの奥さんである滋子さんがあの人が戻ってきてくれたから私は一緒になることができた。子供達も生まれたと言う。戦没した方やシベリアに行かれた方に申し訳ないと思いつつ、我が家も全く同じだ。祖父が帰ってきたから今がある。

私のじいちゃんはちょっと怖い。でも、優しかった。棒アイスを食べたとき、あたりもハズレもないアイスなのに棒を見せろと言って「あたり」って文字を書いて2本目食えと言ったりしてくれた。床に伏しているのに元気付けようとして手をぎゅっと握り、大丈夫と念を送ってくれた。

祖父が亡くなってから20年近くたつ。祖父のお葬式のとき、祖父の実妹が○○ちゃんは戦争に行く前から怖かったのよと、祖父とのエピソードを話した。祖父の沸点があまりに低くく聞きながらみんなで笑った。誰よりも癖のある人だったから誰よりも話題に上がる。

祖父が今生きていたら99歳。新しいものが好きだった祖父が今生きていたらなんて言ったろう。

*1:調べることができるらしいけどちょっと手間なのでやってない。やる気が出てやってみたら追記に書く

*2:幼い頃から南国系の果物を食べることがあった。おいしかったからみんなに食べさせたい。そんな祖父の思いがあったらしい

*3:祖父が亡くなった後、当時の写真なんて誰もいんねぇべと捨てた母を恨む

*4:祖母が後々金銭的に苦労したし、爺さんだって辛い思いしたんだ。貰えるものはもらっとけばよかったと家族で話題に

『セールスマン』

イラン映画アカデミー賞外国語映画賞受賞作品だが、トランプ大統領の入国規制関連の方で話題になってしまったのが印象に残っている。

1年くらい前にイラン旅行した友達がinstagramにその様子をたくさんあげていたのでイラン自体に妙に親近感がわいていた。東アジア人が珍しかったらしく記念写真を求められたりしたらしい。

主人公のエマッドは生徒に好かれる教師。生徒から尊敬され好かれてもいる。先生の様子がおかしい。生徒たちも異変に気付く。

ある夜、妻ラナが自宅で暴漢に襲われてしまう。順風満帆だった夫婦に起こる悲劇。犯人を突き止めようと躍起になる夫。警察に被害届けを出せば知られたくない人にまで知られてしまうからそっとしておいて欲しい妻。

夫婦関係が壊れてしまうんじゃ…と思うほど夫婦の溝は深まっていく。妻はこれ以上傷つきたくない、一刻も早く自宅を出たい思いでいっぱいなのに、夫は自分が納得がいかないからと単独で犯人探しに動く。時折、妻に対して酷い言葉を投げかけることも。しかし、妻に起こったことは夫に起こったことでもある。夫も傷つき自分を責めていた。

この映画を見たのが先々週の水曜日。偶然、あさイチの性暴力特集と重なった。被害者が語る言葉と妻のラナが劇中で話す言葉が一致する。日常ふと起こる些細なことがきっかけで被害を受けてしまう。被害を受けた人が悪いわけではないのに、あのとき自分がこうしていたらこんなことにはならなかったと責める。それが切ない。

いろいろなことが重なった不幸が引き金になるのだけど、お前友達ならそれ事前に言えよ。知ってたら気をつけるだろうよ。愛しい人がいるんなら思いとどまれよ…。人の家族を壊しかけててよく言うよ…。などと思ったりした。