ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

コーヒーと雑談

三茶で手芸のワークショップに参加。手芸作家さんのアトリエで黙々と創作に励み、完成後に紅茶とお菓子をいただきながら雑談。「この辺、コーヒー屋さんが増えたんですよー」と作家さんが話す。ブルーボトルコーヒーまでできたらしい。今朝コーヒーライツというお店のコーヒーを飲んだら美味しかったと教えてくれた。三茶はよっぽどのこと*1がないと行かないので帰りに寄ってみることに。

スタイリッシュな雰囲気で入りにくいなと思いつつ入店。テイクアウト可能かを質問し、できますよーというのでテイクアウトを希望し、ドリップコーヒーを頼んだ。前のお客様のコーヒーを淹れている時に「内装手作りですか?」と質問、「工務店がつくってくれました。でも、よく手作りですかと聞かれます」。合板を多用していて、もしかしてと思って聞いたらプロの仕事だったのか…お店の方にも工務店の方にも申し訳ない気持ちになった。焙煎機がお店に見当たらず気になって「豆の焙煎はどこでやってるんですか?」と聞いてみたら「蔵前でやってるんですよー」と。蔵前のお店が今日オープンしたこと、近所にアメリカのオシャレチョコレート屋さんがある話などをしてくれた。あの辺も今オシャレですごいですよねーなんて雑談。

そうこうしているうちに、私の頼んだコーヒーを淹れ始めた。ペーパードリップのやり方が独特で前のめりになる。「のの字で蒸らさないんですか?」って聞いたら豆の挽き具合的にこっちの方が塩梅がいいと説明しながら、コーヒー豆全体にお湯が行き届くようにスプーンで軽くかき混ぜていた。全体的に水分を行き渡らせて若干蒸らす。ふっくらとしたら、のの字を書くようにお湯を入れる。これはやってみたいと持ったので「今度、家でもやってみます!」と言ったら喜んでくれていたよう。コーヒーを渡してくれるとき、今回頼んだ豆の風味について説明してくれた。温かいとき、冷めたときで風味が変わると言っていたが本当だった。温かいときは牛乳に合いそうなカカオ感、冷めたときは程よい酸味。雑談してみるもんだな。

*1:だいたい舞台

強いものイジメだって、ダメ、ゼッタイ

甥と姪と一緒に『ジャングルブック2』のDVDを観てトラが不憫で泣く。

ジャングルブック』を観ていないのであれだけど、トラは人の子に負けたらしく逆恨み中。

鳥、そんな煽るなよ!見てるこっちまで不愉快になるぞ。あんな怖い顔してるトラだって、そういう煽りをされたら傷つくし、ムカつくと思うよ!鳥、お前を食わないだけこのトラは寛大だぞ。そうこうしているうちストーリーが進み、トラはリベンジを果たすべく、周囲がマグマの城へ人の子を追い詰める。トラに見つかるまいと隠れる人の子。

人の子をめぐり仲違いしていた育ての親であるクマ*1と街の少女*2が人の子を助けるために手を組み、トラを撹乱させる。少女がトラにばれ、人の子とクマがトラをやっつけるために動く。トラは死にはしないがマグマ近くの岩盤に落ち、さらに石が落ちてきて身動きがとれなくなる。そこに煽り鳥がやってきてトラを煽る。

もうここでトラが不憫で不憫で気の毒になってしまった。八方塞がりで自力ではなんともできないトラに追い打ちをかける言葉を吐くってあんまりだよ…。トラが可哀想って言っていたら甥と姪が「なんでー?」って言ってきた。その時はうまく説明できなかったけど、弱いものいじめをしてた子が追い詰められて、やり返せる状況になったらやり返すの?多分やり返したりしないよね?そういうことだ。

*1:クマパパと呼ばれていた。wikiを読むと育ての親はオオカミ

*2:ジャングルブックで人の子を街へ連れ出した人間の少女らしい

『彼女がその名を知らない鳥たち』

警察役で赤堀雅秋が出てきて、TBSドラマ『監獄のお姫様』の馬場カヨの夫といいここにも赤堀状態*1

松坂桃李が己の性欲に忠実だから不倫も厭わないという既婚男性役*2でとにかくエロい。艶めかしすぎて結構気持ち悪かった。朝ドラ『わろてんか』を恥ずかしくて直視できない*3

主人公を演じるのは蒼井優阿部サダヲ。昔の男に未練がある女・十和子と、その女を執拗なまでに思う男・陣治。

陣治は下品で貧相な男。十和子は同棲中の陣治の稼ぎに依存し、些細なことへも因縁をつけるクレーマーと化し、怠惰な生活を送っている。

現在と並行しながら過去の十和子の恋愛を見せていく。昔の男、黒崎役を竹野内豊が演じていてた。自分のことしか考えていない薄情かつクズい男でああまでされて…、それでも未練が残ってしまう恋愛の怖さ。

デパートへ思い出の腕時計の件でクレームを入れ詫びに来た水島*4が好みのタイプで既婚者と知りながら十和子は情事におぼれていく*5。一方、十和子の姉は夫が浮気中というカオス。

後半、十和子と陣治ふたりの出会いの回想の場面は切なかった。泣くような場面でもなかったと思うけど、十和子と親しくなるにつれ、だんだんと粗野になっていく陣治を見ていたら気の毒になってしまった。きちっとしていそうな十和子のお姉さんがただ下品な男になった陣治を受け入れていた理由はここにあったのかと思った。

クズい男はメンヘラ女を探り出して弱みに付けこみ、その一方、メンヘラ女が優しい男を狂わせていく。黒崎のような男は別格としても、こういう人間関係は特別なものではなくありふれたものなのかもしれない。

知らないけど。

*1:正月くらいに初めて舞台を観に行く予定なので「あ!」と思ってしまう

*2:「こいつやれる」に対しての察しがいい

*3:とびとびで鑑賞しているからいいけど…

*4:松坂桃李

*5:今年はてなで話題になったことを思い出し、現実にこういうことをやっている人がいるんだよな…とげんなりした

猫背のキーボード

友達からスカートのライブビート*1の観覧ハガキが当選したから一緒にどうかとお誘いの連絡。楽曲もPV*2も好きで、ちょうど新アルバムも買ったばかり。1回は観てみたかったし、ラッキーと思って速攻で「行きたい」と返事。火曜日に観てきた。

抽選番号順で並んでいる時、近くの人の会話が耳に入った友達が「キリンジクラスタって言っている」と笑う。私も友達もキリンジ好きなので否定できなさある。その界隈が好きだったら好きになるのは仕方ない。

バンド編成はスカート本人である澤部くんのギターボーカルのほか、ベース、ドラム、パーカッション、キーボード。ライブが始まるとキーボードの男子*3にくぎ付けになった。自分の弾く部分になるまでうつむきっぱなし。澤部くんとドラム男子がトーク担当らしく、二人がトークするのだが、その間もずっとうつむいている。くすりともしない。それもいい。なによりキーボードを弾くフォームに惹かれてしまった。猫背でまんまるっとなりながら弾く姿がなんだかかわいい。部屋に飾っておきたい感じだった。ライブ後、友達に「あのキーボードの子に見入ってしまった」と言ったら友達も「私もすごい観てたー」と。

ライブ冒頭こそキーボードの音が強めでギターとボーカルが聞き取りにくいなぁと思っていたが、だんだんとそれぞれの音が聞こえる感じになっていった。澤部くんは歌声も口笛も結構安定してんだなぁーと思った。私の知らなかった初期の楽曲はダンサブルな雰囲気でよかった。調べて買いたい。

*1:NHK FMのライブ番組

*2:自分内注目度が高い三浦透子ちゃんが出ている

*3:帰宅後に彼について調べた。澤部くんの後輩。カメラ=万年筆というバンドの子で佐藤優介くんというらしい

ライザップ前の状態に、今、俺たちはいる

一昨日、友達と遊んでいた時、友達が不意にテレビ番組の話をし始めた。運動をする高齢者が生き生きしている様子をとらえたものだったらしい。その番組で特に水泳をしている人が若々しかったと話し、最近プールに通い始めたと。

そういう話を聞くとすぐ飛びつく性分。そんなわけで昨日プールに行ってきた。

何がびっくりしたって己の肉体にびっくりなのだ。水着を着用した自分の姿を見て、これは自分じゃない何て言いたくなったが紛れもなく自分であった。20代、30代前半とは違うだらしない肉体に愕然*1。こいつはことだぜ!となったのは言うまでもない。どういった状態かといえば、ライザップ前の状態である。脳内にエンドレスで響くブウィッチ、ブウィッチ、ブウィッチ、ブウィッチ*2

立ち止まれるレーンで25mクロールを2本→水中ウォーキング→25mクロール*3と繰り返した。全く鍛えることのなかった二の腕が明らかに筋肉痛になる。やばいよやばいよと内心思っているが、もう1本は行きたいという根性で泳ぎ、水中ウォーキング。よしがんばった!上がるぞとシャワー室へ向かい、さて水着脱ぐか…。ぬ……脱げない。筋肉痛のせいもあってダメかもしれない。そんな状態になってしまった。脱げずに泣きそうになってしまった。どうしようと思いつつなんとか脱げた。

友達にプールへ行った報告をした際、水着着て行ったかと問われ、現地で着替えた話をしたところ幾ら何でもチャレンジャー過ぎる*4と呆れられた。このプール通いフレンズはもう一人おり、それぞれ別々な日に通おうと密約を結んでいる。友達に改めてあの衝撃的な己の姿について語った。みんな同じだから…、ダイエットと思わず健康のために行こう。そう誓い合った。

*1:競泳用の水着は一応同じのが着れた

*2:擬音はyahoo知恵袋より。

*3:時々平泳ぎ

*4:昔の水着を着られる根拠はどこにあるという意味

『アトラクション -制圧-』

ロシア映画。邦画タイトルがすでにあれな作品。

これはB級映画というくくりでOKよねきっと。観てもいないくせに例えると、海外の人がもしも実写版の『戦艦ヤマト』や『進撃の巨人』なんかを見たら感じる独特の空気感。頑張っているのに可笑しみがある。ストーリーを追いつつも、オモシロ要素がそこかしこに散らばっているそんな感じ。

白人のグループに黄色人種の子が普通にいて土地柄が出てると思った。なによりロシアよりもアメリカ映画を観る率のほうが圧倒的に高いからロシアの軍服、ロシアの戦闘機が新鮮でうわーっとなった。アメリカは工業製品的な格好よさでロシアはレトロなデザインを生かしている印象だな。ロシアのほうが色気がある気がする。

主人公の女の子の友達が死に、復讐するつって立ち上がったものの……、えーそっちいくんかーい。そもそも友達あっさり死にすぎだろ。

協力するかと思われた彼氏、そっち行くんかい!愛は人生を狂わせるわ。

お父はん、軍の偉い人なのに鈍感すぎる問題。

犬はかわいい。

最後、アルマゲドンかよ!後半の感じはちょっと散歩する侵略者っぽさも感じたわ。

ここで辞めるのかな?と思ったらさらに続ける展開に、うそーまだ続くの!?ってなったりした。とんでもないものを観た!という感覚があるものの見逃したら見逃したでまー見るほどのもんでもないと思ってしまうやつ。

後輩の爪の垢をあげたい

先週の増田が、がんばる増田女子たちの投稿群でいっぱいだった。軒並み産休や育休を取得する人たちの犠牲になっている私かわいそう状態。不満のボルテージは満タンになり、怒りの矛先は会社ではなくなぜか同僚女子*1に向く。Why 増田ガール?

sukekyoさんが

産休育休取得率100%のホワイト企業女子社員だけどはっきり言うと、産休育休..

夏以降の造語の気がするけどまさかのハマり具合だよな「いきいきママ」。非常にビターな味わいで良い言葉です。女の敵は女やな。内紛内紛また内紛。もっと仲良くし内紛。

2017/10/27 07:23

b.hatena.ne.jp

まさに女の敵は女。がんばる増田女子たちに肩の力を抜いて欲しいとしみじみ。そして、彼女らに弊社の後輩くんの爪の垢を配って回りたいと思ってしまった。

弊社の後輩くんは飄々としており、焦りが顔に出ないタイプ。実際、焦っているときもあると思うが全く分からない。締切間近な仕事を抱えていてもマイペース。仕事の締切はほぼ守らないが、休日はきっちり休む*2

締め切りに間に合わないと分かっていても休む。その様子に旧世代の私は「あいつスゲー」となるのだ。最初こそ締め切り守れよーとイライラしたこともあったが、慣れる。慣れてしまうと、だんだんとこういう働き方もありだよなぁと思うようになった。案外、仕事はそのくらい肩の力を抜いてもいいんじゃないか、と。がんばってやらなきゃ!と思わず、がんばらないでやる。生活していくためにお金が必要だし、ある程度まっとうに取り組んだ方がいいとしても仕事はプライベートを捧げてまでやるもんでもない。

*1:通称イキイキママ

*2:ちなみに締め切りは取引先に迷惑をかけないように前倒しスケジュールになっている