ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

手のひらのタコ

あらかじめ書いておくとミニにタコ的な話ではない。

8月、父の誕生日会のために1泊2日で帰省。実家にお泊りしていた姪がポケモンにどハマり中でポケモンGOをやりたいというので近所を徘徊する。しばらくして公園の遊具でしばし遊ぶことになった。私が雲梯で遊ぼうと手をかけ、前に進もうと試す。しかし、怖くて進めない。片手で己を支えられる気が全くしない。ひとつも前に進めないし、なんなら鉄棒にぶら下がっていることそのものがきつい。

「姪ちゃんは雲梯できる?」と、聞くと当然という感じで「できるよ」という *1。私もできていたはずだ。しかし、できない。これがかなりショックだったのである。

帰京後、「雲梯 大人 できない」でググったところ、ヤフー知恵袋がトップに。知恵遅れかーなどと思いながら前のめりで読む。雲梯で重要なのは腕力ではなく握力だから鉄棒にでもぶら下がって鍛えろと書いてある。ほんとかよーと思いつつさっそく実践。幸い私のジョギングコースに老人のための健康遊具があり、その中のひとつにぶら下がり健康器があったのでジョギングついでにぶら下がることにした。

最初こそ数秒でもうダメだと力尽きていたが、1カ月、2カ月と経ち、それなりにぶら下がれるまでに到達。それと同時に手のひらにタコができた。先日、ぶら下がり健康器でトレーニングしようとしたところ先約がおり*2、しゃあない雲梯チャレンジしてみるかとぶら下がり、試しに前に手を出す。

できた。

まだ自分の握力に不安があるもののなんとかひとつ進めたのである。できなかったことができるようになるのはいくつになっても嬉しい。手のひらのタコは私の努力の賜物だ。中年でも体を鍛えればできることを証明できたのも少し誇らしい。

*1:やってみてつったら断られた

*2:体操選手みたいなことをやっていた。レベルの差を見せつけられた

贅沢品

贅沢品と暮らし始めてから5カ月たった。ブログで報告して以来、某氏が贅沢品の画像公開希望とスターで言ってくれていたが面倒で放置していた。しかし、なんの気なしに贅沢品について書いてみると筆が進む。存分に引スタ*1でかわいいといっていただこう。

贅沢品と私の関係はお嬢様と執事である。それなりに好いてくれているようでトイレや風呂についてくるまでになった。ドアの前で待機し「ウニャーン*2」と鳴く。おいでというと「ウニャ〜」と言いながらやってきて撫でてくれとクネクネ。チュールとササミをねだるときは「ゥーワァヲーン」と犬のように鳴く。あげるまでやめない。贅沢品も執事もアレルギー体質なので朝はそろって鼻をズーピズーピさせている。なお、いまだに抱っこは苦手で抱っこするそぶりをすると「ウニャッ!」と拒むので、長袖で武装できるようになったら本格的に練習するつもりだ。

最近は、テレビにちょっかいを出したり、箱に入ったりと猫らしいことをやるようになった。これまでは贅沢品なりに遠慮していたのかもしれない。お腹と足がほぼ真っ白なのが贅沢品のチャームポイントなのだが、白い分汚れる。足が少し汚れていると床の拭き掃除が行き届いてなくてすまんなとなる。

f:id:usaginokainushi:20190926130833j:plain

窓辺でくつろぐ贅沢品

 

f:id:usaginokainushi:20190926132014j:plain

執事が作ったパンダ布団でくつろぐ贅沢品

f:id:usaginokainushi:20190926132103j:plain

執事の洗濯物に顔を載せ、睡魔と戦う贅沢品

f:id:usaginokainushi:20190926135030j:plain

あくびをする贅沢品

 

*1:カラフルな色のな

*2:じいやぁ

お腹の調子が悪い

ここ2週間ほどお腹の調子が悪い。お腹にガスがたまり、張っている感じ。痛いわけではないのでお腹が痛いと書き込めない*1。製薬会社のホームページで症状をチェックしたところ根菜類の食べ過ぎを疑えとのこと。

ここのところ帰りが遅く、家で料理できず、コンビニ飯で済ませていた。夜遅いのでダイエットにも最適*2なものをローソンでCOOL CHOICE*3

こんにゃくとごぼうの煮物がお気に入りでほぼ毎日食っていたのだ。数日後…おや…?となったわけである。比較的、快便むしろゆるいのに出ないのだ。ガスが溜まりに溜まり、ガスを放出したい!トイレへダッシュしても出るのは音である。これが恥ずかしいのなんの。

そんなわけで食生活の見直しをした。ほぼ毎朝、ヨーグルトを食い、調子が戻ってきたなぁとホッとする。俺のお腹にようやく安寧が戻ってきた。

一昨日、超たくさん余っているジャガイモを使い切ろうと思い立ち、ジャーマンポテトもどきを作り、食す。すると、よお元気にしてたか?てな感じで、ガス、復活!膨満感、復活!ハリ、復活*4

引っ越し先のガスを東電にした故の東京ガスの呪いか?あのクマもどきのやろう🧸…

いやぁそれにしてもまったく困ったねぇ。

 

 

*1:どこに?

*2:遅くに食ってていうのもなんだが…

*3:セブンのサラダとかの惣菜のシールにあるやつ

*4:おもに顔面に戻って欲しいヤツ!

新生活

15年近く住んだ家を引っ越してから1カ月以上過ぎた。背負うものが増えたのだが*1、引っ越してよかったなと思う。にわか仕込みのkonmariメソッドで「ときめかない」*2物を捨てた。固執していた何かから徐々に解放されていく感覚。

住んでいるアパートが壊れるまで住んでやると思っていたが、ウサギが亡くなり、彼女と長いことともに過ごした家に帰宅するのが辛くなっていった。何かをするたびにウサギの痕跡が見つかる毎日*3が楽しくもあり、ひとりで過ごすことに慣れていく薄情な自分に失望した。

引っ越し先を決めた数日後、帰宅すると家の前に人糞が落ちていた。湯気が立つブツの上に載せられたティッシュ。かなり衝撃的な図である。街に愛着があり、離れることに未練があったけど、一気に冷めた。この家を、この街を出ようと決めたことは正しかったのだ。

自分が引っ越すまで時間があり、のんびりしていたのだが、引っ越す日程が決まると想像以上に時間がない。転居先で事前にやっておきたかった工事を徹夜してやるなど感傷に浸る暇がないまま引っ越し。引っ越し当日、引っ越しに苦言を呈していた母が、渋々ながら手伝いに来てくれた。引っ越し先を見た瞬間に気に入ったようで父に東京観光時の宿に使おうと話したらしい。

敷金の件でアパートの不動産屋のオヤジさんから電話があった。掛けられる言葉に辟易*4。かなりお世話になっていたから許容できるけど、そうじゃなかったら…。改めて引っ越してよかったと思うのだった。

職場までの通勤時間は増えて、朝が苦手であさイチ*5大好きな自分には少々辛い。でも、ここで良かったと思う。近くにスーパーが2店舗あり、そのうち1店舗は比較的新鮮な寿司が並ぶ。ネタが新鮮な寿司は眺めているだけでも幸せだ*6。100均が近いのも助かる。

新しい家族を迎え入れた。我が家にやってきたのは1歳の保護猫*7。ウサギ飼いとしては魂を売ったような感じだが、ウサギと猫をと思って里親サイトを眺めていたが、気になるウサギは遠方からの募集ばかり。一方、気になる猫は応募期限が切れては募集をくりかえし、引っ越すタイミングでまた募集を開始。応募したらトントン拍子で決まった。

そんなわけで今は猫の飼い主である。猫との距離がようやく縮まりはじめ、猫さんの要求に従って撫でるのが朝の日課だ。猫さんはよくしゃべる子でなにやら話しかけてくる*8。無防備な姿で私のベッドで寝る様になった。この子のためにもの作りをするのが当面の楽しみである。

*1:主に金

*2:なくてもいいやーくらいの感じ

*3:引っ越し当日にも「アイツめ」ってなった。本当に楽しかったなぁ

*4:うちの父が当時69歳だったからそれに絡めたセクハラ語を言うのにうんざりしていた。引っ越すことを話したら結婚かとかうるせーよ。うちの両親アゲをすると、田舎者だけど頑張って考え方をアップデートした。親としては子供が配偶者でも持ってくれた方が安心だけど、幸せであればいい。そんな親の姿勢に救われている

*5:前の家では最後まで見ることができた

*6:味の想像が地味に楽しい

*7:贅沢品

*8:内容はわからにゃい

朝から不愉快

あまりにムカついたから投稿*1

基本的にNHKが付いており、よっぽどのことがない限り朝ドラをウォッチするので『なつぞら』も見ている。朝ドラとしては面白いほうなんだけど、女性の描き方がクソすぎてハマりきれていない。主人公のなつが高校生の頃は太った同級生を雑に描き*2、酷いなこりゃと思った。

で、今日の分を視聴。改めてこれはねーだろと思う。主人公のなつは高校を卒業し、アニメ製作会社で彩色の仕事に従事。なんやかんやあって血の繋がりのある兄とおでん屋を営む女主人の店で暮らす。おでん屋にクラブ(キャバレー)で歌うのを生業にしている戸田恵子と太った女性客が来店。女性客が新劇に入りたい*3と言うと、

「君みたいなやつでもアニメーションの声当てだと美人になれるよ」 *4と言うのだ。

どんだけだよ。

脚本家の大森寿美男、もういい加減にしろとしか言いようがない描き方。これをそのまま朝ドラで流すってどうなんだ?昭和を描いているから許されると思うなよ。

*1:健康診断後、出勤途中に見たカップルの男子の性欲が車内でパコっちゃうの?ってくらい暴発していて面白かった。ハイク保管庫に下書きを書こうとしていた。が、朝ドラの録画を見たらあまりにひどかった

*2:なつが牛の出産シーンを彼女で再現したときや、演劇部に勧誘しておきながら雑用をやれという場面やら

*3:なつの実兄は新劇で仕事をしている

*4:見返したくないからざっくり

個人的ヘビロテ

仕事とプライベートと忙してくハイク保管庫*1をしたためることができなかった。

近況というかあまりによすぎて誰かに言いたすぎる話を書きたい。

職場で宇多丸さんのラジオを聴いていたらアイドルミュージックについての特集がはじまり、negiccoのkaedeさんのソロ曲なんかも紹介していた。kaedeさんのソロ曲はスカートの澤部くんが楽曲提供をしていて結構前から聞いていたのでわかるわかるー。同意しかないとなる*2

そんな中、これはツボだと、速攻apple musicで検索したのがnuanceの『tomodachi』。とりあえずapple musicにあるnuanceの曲を全部視聴。いい。全部いい。かわいらしい女の子の声とポップなメロディ。程よいピコピコ感。いい。よすぎる。

歌詞もいい。『tomodachi』の歌詞を聞き友達になるなる!仲良しになるなる!と思ってしまう。『タイムマジックロンリー』の「エビバディセイウォウ!」みたいなんを聞くと、腕を上げたくなる。『ミライサーカス』の何ヶ国語も話せるペンギンとかいう歌詞もいい。横浜の港のことを歌っている『セツナシンドローム』の「コンテナを持ち上げる姿がプラキノサウルスみたい」ってのがなんかすごい。

メインで楽曲提供している方は、乃木坂46なんかに曲を描いてもいる佐藤嘉風という方らしい。振り付けを劇団鹿殺しの浅野康之さんがやっているとのこと。

個人的に今一番ライブを見たいのはnuance。

というか、宇多丸さんいろいろ知っててすごい。あの日、ラジオを聞いててよかったー!

*1:という名の日記

*2:キリンジ鈴木亜美さんに提供した「それもきっとしあわせ」のカバーもとてもいい

ハイク保管庫(6)

【5月4日】

ウサギ氏の月命日。お骨に手を合わせる。洗おうと思った布バッグや服などを一気に洗濯して、干す。散髪に行く。切っても去年かけたパーマがいい塩梅に残るかもとのこと。良いタイミングに来れてよかったと思ったのも束の間、髪染め作業を担当してくれた子が雨が降っていると教えてくれた。素で「ホントですか!?」と返事したのち、洗濯物の安否で頭がいっぱいになる。帰宅後、洗濯物をチェックすると無事だった。

 

【5月5日】

通常勤務よりも早起きをして埼玉で仕事。Tシャツで出勤し、はりきりすぎでは?と言われたが、暑かったので結果的に私が勝ち組になった。昼ごはんは、皆でうどん店へ行った。飯能の古久や、桶川の農協食堂など埼玉はうどんがうまい店が多いと改めて思う。今回行った川越のかわすみもうまかった。

帰宅後、録画していた「のど自慢」を見る。千葉県館山市回はいまいちな内容。令和、盛り上げようぜー感があっても良かったが、鐘がなった人が少ない。女子バレー部員は鐘鳴らしてもよかっただろうよと思ったけど、規制は辛口。先週と打って変わってスーパードライ。千葉に厳しすぎる。

 

【5月6日】

友達と話す。自分はつくづく世間知らずだなと思う。なんやかんや話した後、甥と姪にウサギ氏が亡くなったことを報告したと話す。話すことで頭の中が整理され、ウサギに噛まれても抱っこしたいと言っていた甥にとってもウサギが特別な存在だったのだなと気づく。甥と姪に報告できたこと、そのことをこの友達に話せたことが自分にとっての大きな前進になったように思う。

 

【5月7日】

財布を忘れる*1。年間6回以上は忘れる。一旦、帰宅して行きつけへ行く。今度はナンコツがなかった*2

 

【5月8日】

いろんなことを忘れてポンコツだった。得意先へ持って行くものを忘れ、路線を間違え、乗り換えも間違える。財布を忘れた昨日よりもポンコツだ。帰りにサービスデーなので映画を観に行く。『名探偵ピカチュウ』を鑑賞。ピカチュウがかわいい。それだけで十分観られてしまうって言うのにストーリーもちゃんとしているし、他のポケモンもかわいい*3。私もピカチュウをパートナーにして生活したい。ピカピカ言われたい。車の後部座席でチャイルドシートみたいなのに座って、ゴルダックに足裏マッサージする場面最高。ピカチュウがいる世界に行きたい。感電する覚悟はできてる。

 

【5月9日】

普段より速い出勤だが、近所でお仕事だったので結構気楽。想定よりも時間がかかってしまったが、満足度は高い。

同人誌の増田を読む。趣味なんだから多めに見ろみたいな感じが嫌だなと思う。人から金取っているのに誤字脱字の指摘は受けませんってのはどうなんだと思う。その程度の指摘も嫌なら奥付に「素人が趣味で作っている本なので誤字脱字があります。ご容赦ください」くらいの文言を入れるべきじゃないの?あと、友達に校正をやってもらっていると言うのも気になった。友達なんて書き手の特性を一番よく知っているでしょうよ。

SUUMOの高円寺記事がいつも以上にアレで腹が立った。チェーン店disりはダサい*4。あのデニーズに行ったことが1度でもあれば「いつまで続くか注視したい」なんて書けないよ。日中はお年寄りのサロンと化し、夜間はパソコン片手に仕事をする人や業界人っぽい人が打ち合わせに使用。街の人は安心して長居できる場所を必要としているのだ。

このコラムで高城剛が高円寺を最先端というのはなんとなくわかる。多分、松本哉氏の素人の乱に端を発した「“高円寺流”の小さく稼いで小さく暮らす」ってのだと思う。「小さく稼いで小さく暮らす」は地方の方が進んでおり、エコ的な暮らしをする人たちが突き詰めて行っている気がする。イデオロギーバリバリの人ももちろんいるが、自分が楽しいと思ったことだけをやっている人たちの方が多い。ちなみに、皆、お金はないけどコミュ力はある。この世界は横のつながりが大事だったりするっぽい。

 

【5月10日】

奥多摩まで行ってヒノキ花粉で散々な目に合う。

け神のブログを読み、あぁ確かにと思う。大きな声では言えないけど、新井浩文に活動再開してもらいたいと思っている。

アヒトイナザワの件はbonobosの蔡くんのツィートで知った。友達にそのことを話し、ザゼン後のアヒトイナザワのことを聞き、アヒトがそっちに走ったことを少し理解できた。

*1:モバイルSuicaを使っているので携帯があればなんとか生きられる

*2:平民さんが串外しについて書いておられたが、私はこの店でつくねだけ串から外して卵液につけて食べている。うまい。超うまい

*3:パンダポケモンの存在をこの映画で知った。XYで新追加されたポケモンだったと学ぶ。パンダーとしては恥ずかしい限り

*4:池袋disりも腹たった。セゾングループが作り上げたカルチャーも知らんのかと。今だって池袋西武にはセゾン感がある