読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

『台北ストーリー』

阿隆(アリョン)役を演じた若かりし頃のホウ・シャオシェンが誰かに似てるなぁ…。誰だっけなぁ、あ!くるりの佐藤くんだ。その直後から何をやっても佐藤くんにしか見えず、疾走する佐藤くん、ビンタされる佐藤くん、ちょっとモテる佐藤くん、殴りあいの喧嘩をする佐藤くん、賭博に走る佐藤くんとなってしまった。 

 

映画は煮え切らない二人の恋愛映画。

阿隆は少年野球をやっていた頃、実力のある選手だった。世界大会に出場し、優勝した経験がある。将来を嘱望され、野球をやっていた頃の過去に縛られている節がある。 

彼女の阿貞(アジン)は多分小学生からの同級生。キャリアウーマンとして働く女性。過去(多分、家族絡みのこと)にとらわれたくない。 

ふたりは将来を描けず、少し自暴自棄になったりする。携帯がない時代で携帯があったらこうドラマチックに展開しないんだろうなと思った。携帯がない時代だから描ける物語。ここで終わっちゃうの?ってなったが、その先を描くことにあまり意味はない。掛け違えたボタンは掛け違えたまま。戻すことができない。

1980年代に制作された映画で当時の台北の街が魅力的に描かれていたのが印象的だった。光化学スモックで煙る街は変わっていくし、変わらないままでもいる。 

阿隆が働く街は、(多分)迪化街。レンガ造り風の建物が並ぶ古い街で今もその姿を残している。阿貞が不良少年とバイクで出かける海辺の街は淡水区か三芝区界隈のようだった。夜、不良少年たちと阿貞がバイクで疾走する台北の街がいい。派手に電飾された建築物(あれは中正紀念堂あたりだったのかしら)の数々。たびたび映し出される富士フィルムNECのネオンサインに時代を感じた。 

 劇中、若い女の子(阿貞の妹)が「原宿行きたい!」と言う。このころの台湾ですでに原宿は若い女子の憧れの街だったのか!という衝撃。今も原宿❤️な節がある。アジア人の若い女の子は1度は原宿に憧れを抱くのかもと思った。 

 台北行った後に見たから余計に街の描かれ方に惹かれたのかもしれない。映画観て、また台湾行きたいとしみじみ思った翌日、職場近所のコンビニの女の子が台湾出身と知り、ちょっと立ち話をした。

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

石井裕也=映像美って印象はなかったのだけど、今作は映像に惹かれた。 街の明かりがある都会の夜を青と赤、田舎の夜を黒で、朝日を白で表現。陳腐な演出と言われそうな気もしたけど、それぞれの色使いが良かったと思う。もう1度見ないとわからないけど、登場人物の心の機微に合わせて色の演出をしてた気もする。

 

看護師として働く傍ら夜はガールズバーで働く美香と日雇い労働をする慎二。 居酒屋で、ガールズバーで、街で偶然出会う二人。 

二人は悲観的だ。目の前で起こったことを見て嫌なことを予感してしまう。その嫌な予感が当たると信じて疑わない。路上ミュージシャンの女の子を見ても二人は揃って彼女は売れないと思ってしまう。 

そんなよく似た二人の恋愛を描きながら、留学実習生であるとか、若者の貧困、独居老人問題の一面も見せる。 

生活がままならなかったり、成長過程で何かあったら悲観的な未来しか想像できないかもしれない。 でも、そのとき思い詰めていたとしても未来はどうなるのかわからない。好転する未来だってある。そういう希望を感じた。

『スウィート17モンスター』

嫌いな方の映画パンツ増田*1が先に観てる!うげぇとなった*2

主人公のネイディーンは17歳の女の子。一つ上の兄ダリアンはイケメンでスポーツ万能なリア充。幼い頃からダリアンと自分を比較してどんどん自信を失い、ネイディーンは皮肉屋になっていく。でも、イケメン男子に恋心を抱くなど、若い女子っぽいかわいい一面もある。その男子との恋の妄想を膨らませちゃうのもかわいい。

親が旅行などで不在になった家はリア充Teenたちのパーリー会場。アメリカ映画の中でよく見かけるやつ。この作品でも「出たっ!」となった。コミュ力に乏しい非リアにとって、そのウェイウェイ空間は完全にアウェイ。見てるこっちが切なくなる。

自分に自信がないが故に屈折し、トゲのある話し方をしてしまう。その上、余計なひと言を口走ってしまう。洞察力や観察力があり、自分は何でもわかっていると思い込んでいる節があるのも痛々しく昔の自分を思い出す*3

たった一人の親友クリスタがダリアンと付き合うことに。友達を奪った兄にムカつき、友達が兄を選んだことは大ショック。自分と同じだと思っていた友達がリア充側にいってしまったと信じて疑わず一人腐る。

先生に対するシーンは、自分自身こまっしゃくれた子供だったので見ながらそれ以上はやめたまえとなったりした。それでも受け止めてくれる先生は本当すごいわ。  

ネイディーンが幸せだったのは筋肉バカとちょっと見下していた兄も、ちょっと煙たい母もとても彼女を愛していたということ。そんでもって一人でも自分を理解してくれる友達に恵まれたこと。出会う人に恵まれていることは大きい。

ただ、映画の公式サイトの煽り文を書いた人!『ゴーストワールド』よりリアルと煽っていたけど、公開当時20代だった者からしたらあれがリアルだったんだよぉ!!!こんなに通信が発達していなかった頃、田舎で息苦しく生きるイーニド*4の気持ちが手に取るようにわかったんだよぉ。

*1:パンツだけを淡々とレビューしている増田に便乗してるのがなんだかなぁとなる

*2:妙な悔しさがある

*3:今もそういうところある…

*4:同級生を小バカにしてたな…

愛とは

釣りかもしれない。男女逆かもしれないあの増田。

ゆかりさんのブコメを読んで、10数年前に美輪明宏が愛と恋の違いについてテレビで語ってたのを思い出した。

「見返りを求めてしまうのは愛じゃないの。見返りが欲しいってことは恋なのよ。愛は無償なの。ただその人が幸せでいてくれたらいいって思えること。見返りを求めてしまった時点でもう愛じゃない」というようなこと。へーよく知らないけどって思いながら見た。

でも、釣りかもしれない。男女逆かもしれないあの増田を読むと、なるほどそうなのかもって思ってしまう。あの増田は“◯◯してやったのに”が過ぎる。自分はこれとこれとこれをした。なのにその返礼がなく不公平だってなってる感じがする。自分がしてきたことへの対価が欲しいつってる時点で「ん?」となった。

こんな押し付けがましく言われるくらいだったら気ままなひとりがええがな。ひとり最高としか思わない。こんな配偶者だったらそりゃみんな結婚しねーわとなった。私の中では、あの増田は日本の少子化をさらに狙っているスパイってことになってる。

『哭声/コクソン』

ハイク(映画で3行とか)で話題になっていて気になっていた韓国映画國村隼が出てるやつ。くにむらじゅん、くにむら…くにむら…國村…コクソンとか思っていたけど、地名がコクソンだった。韓国に実在する谷城(コクソン)という田舎街を舞台にした映画。 

こ…こ…っこんな映画だったのか!!!サスペンス×ゾンビ映画っぽい。志村、後ろ後ろ!的な展開がある。このコテコテすぎる展開に笑う。韓国のニュースとかを見ているときに思う「韓国人って熱いなぁ」がいい意味で暑苦しさ増し増しな感じで笑ってしまう。 

奇怪な殺人事件が起こっているのに地元警官ふたりの掛け合いは軽快。日本語ができる役で出てきた男子が星野源に似た役者で彼が國村隼と会話するシーンとか笑った。 

あからさまに怪しまれるようなところに住む國村隼。日本人という設定で、そりゃそんなところに住んでたら常識的に考えて地元住民は怪しむだろうよ。 

えーまじかよー!!國村そこと繋がってたのかよ!となったり。本当に面白い映画だった。 

漫才の掛け合いのようなことをやっていた警官の一人が主人公。その警官の娘ヒョジン役を演じた子が本当に素晴らしかった。よく引き受けたなぁって役だったし、この役を演じきることができてすごい。

『恐怖分子』

写真好き男子の小強(シャオチェン)と不良グループとつるむ少女の淑安(シューアン)、郁芬(イーフェン)と立中(リーチュン)夫婦の群像劇。なんの接点もなかったのに淑安を通じて繋がる。

夫である立中は医師。上司の死をきっかけに出世のチャンスを狙う。妻の郁芬は小説家で新作をかけずに苦悩している。夫は妻との暮らしがよくなるように、そんな思いもあって出世を望んでいたようだった。しかし、妻は小説が書けない行き詰まりから生活そのものも息苦しく感じているようにみえた。

小強は彼女の部屋で同棲中。現像をするほどの写真好きで、ひょんなことで不良グループたちの銃撃戦に出くわし、おもむろにシャッターを切る。逃走する淑安も数枚の写真に写っていた。写真を撮ったときすでに彼女に心惹かれていた小強。いつものように現像し、淑安の写った写真数枚を飾る。小強の気持ちを察した彼女は嫉妬し、怒る。小強は部屋を出ていってしまう。

立中と郁芬夫婦と、小強とその彼女を対比的に描いていたように思う。1組は女性が離れ、もう1組は男性が離れていく。

離れたことで女性は生活に潤いを取り戻す。男性は騙されてまた彼女の元へ戻っていく(都合よすぎねぇかと思ったりした)。

淑安が退屈しのぎにかけたいたずら電話が引き金になり、マイナスに進む。悲惨な結末は小説だけの出来事だったのか、夢だったのか、現実だったのか。

どれが正解なのかわからないけど、この作品が『牯嶺街少年殺人事件』への架け橋になったというのはうなづける要素がある。

信頼と実績のオレペ

引越しシーズンになると、増田で料理関連の投稿が増える。

それら投稿は1つずつに熱意がこもっておりとてもいい。でも、初心者にとっては不十分だろうなと感じていた。

初心者には道具揃えから調味料揃え、調理(包丁の使い方など)の仕方、基本のレシピまでまとまっているものが理想的。でも、料理本でもいまいちなのが多い*1

つい最近、仕事関係の参考資料を探すため、紀伊国屋書店本店へ。

時間もあったからいろいろな料理本を立ち読み*2。オレペ*3が出していたムック本がすごかった。目をカッピライた。

ムック本は食べようびMOOK ゆる自炊BOOK。道具揃え、調味料揃えは当然あり、狭いキッチンでのアドバイスなんてものまである。さらに野菜のリサイクルというネタまであり、大根の葉が水耕栽培できるとあった。マジか!となり、料理本1冊買うなら絶対これを押す*4

知ったからにはやるしかないと、大根の葉の水耕栽培を開始。

確か2日目の様子。立ち読みしただけなのであってるかわからないけど地味に成長中。

f:id:usaginokainushi:20170430010717j:plain

多分9日目の様子。これだけ大きくなった嬉しすぎる。大根の葉がんばれー!!

f:id:usaginokainushi:20170430010643j:plain

*1:立ち読みをしたときの個人の感想

*2:ただの料理本好き。今はサルボ恭子さんの酒のつまみ系の本を持ち歩いている。帰りの電車で読みながらつまみを考えるのです

*3:オレンジページの略

*4:野菜のリサイクルネタだけで押しているところある