ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

戻らない日々

いつか言わないといけない。でも、いつどう言えばいいのだろうか。そう思っている内に1カ月以上たってしまった。私はもうウサギの増田ではない。自慢のウサギはもういないのだ。

しばらく本もテレビも映画もインターネットも見ることができなかった。徐々に、はてな含めいろいろなものを見られるようになったが、自ら言葉を発するときはこの事実を書くとき。そんな風に思っていたからどうしても書くことができず、スターやいいね押印機と化した*1

 

2月3日の深夜、救急病院へ向かうタクシーの車内でウサギが死んだ。

明け方、ウサギの亡骸と一緒に病院から帰宅。

一瞬で私の色々なものが終わった。あれほどパンダにハマっていたのにウサギが私のすべてだった。

それなのに腹が減る。ごはんなんて食べたくないのに…腹が減ってしまうのだ。この世で一番生きていて欲しかった生き物が死に生きていたくないと思っていても抗えない。

2月4日の夜に素うどんを食べる。そのことに敗北感を感じる。

いつものようにウサギと一緒に寝て、匂いをかぐ。匂いが変わったウサギに「起きて」と声をかけながら寝る。当然、起きてはくれない。

2月5日の夕方、自宅近くでウサギを荼毘にふす。

火葬を一人でこなせると思えず、友達に付き添ってもらう。火葬後の喪失感は異常なほどだ。もうあのふわふわはいない。ほぼ毎日、額の匂いを嗅ぎ、「チモシー(牧草)のいい匂いだね」って言っていたのにもうできない。機嫌がいいと肩に乗ってくれたのにもうしてくれない。ベッドへのジャンプに失敗して恥ずかしがる様子をもう見られない。ウンチの粒を手に取り「うんちゃん、くちゃいね」と言うことも、おしっこの粗相を咎めることも、もうできない。すべてが終わった。

火葬から数日は仕事が忙しく向き合わなくて済んだが、ひと段落したらウサギがいない事実を突きつけられてしまう。それが怖かった。ウサギのお骨を連れて実家へ向かう。電車の座席でいつも膝の上に載せていたウサギはもういない。到着した実家にいつも準備されていたはずのケージはもうない。何かをするたび、どこかへ行くたびに突きつけられる。ウサギはもういない。あるのはウサギを死なせてしまった事実だけ。

病院に連れて行かなければウサギは死なずにすんだかもしれない。タクシーで苦しまずにすんだかもしれない。そんな後悔ばかりが募る。

私は自分でも驚くほどウサギに依存していた。ウサギの小さな体に自分のすべてを委ねていたのである。この7年、私の喜怒哀楽はウサギとともにあった。ウサギが私に一人で生きていけない人間だと教えてくれた。私は一人が寂しい。だからウサギと一緒に生きていたかった。置いていかないでほしかった。ウサギが大好きだった。

 

うさぎちゃんへ

うーちゃんがいなくなって1カ月たってしまいました。

いってきますとただいまを言えなくてさびしいです。

匂いをかげなくてさびしいです。

抱っこをできなくてさびしいです。

うーちゃんがいない家はとてもさびしいです。

うーちゃんに会いたいです。

*1:ハイクや引スタで生存確認をしてくれたタミさん、ぷるしゃん、ゆかりさんありがとうございました。ハイクは書けないまま終わってしまうかもしれないですが、生きています

2018年・俺的ベストショット「シャンシャン」

自分の2018年はパンダというかシャンシャンなしに語れない。ゆえに、昨年、買ってよかったものはなんと言っても上野動物園の年間パスポートである。ほぼ毎週末、上野動物園に通って*1シャンシャンをウォッチ。しまいにはパンダを見るために中国へ*2。自分は撮り鉄ならぬ撮りパンなのだと自覚した。そんな撮りパンが撮影した「シャンシャン」写真ベスト12*3を紹介したい。甲乙つけがたいので順位はなし。

f:id:usaginokainushi:20190114004348j:plain

4月28日。初期の頃のシャン干し。ぬいぐるみを干しているような雰囲気がチャーミングです

f:id:usaginokainushi:20190114005925j:plain

5月26日。シャンシャンのハーイ。それにしても写り込みの修正が雑だ

f:id:usaginokainushi:20190113232551j:plain

7月8日。木片をおもちゃにして遊ぶ様子が最高にかわゆい

f:id:usaginokainushi:20190113233446j:plain

7月16日。シャンシャンは寝顔もかわいい。ベロを若干出しているのもニクい

f:id:usaginokainushi:20190113233619j:plain

7月16日。地べたにペタっとして寝ている様子。こちらのかわいさも異常

ちなみに…、アイコンで使っている写真もこの日撮影したもの。この日はかわいい写真がいっぱい撮れた

f:id:usaginokainushi:20190114204017j:plain

眠たそうな顔でペロリっとベロを出すシャンシャン。つくづくかわいいパンダである

f:id:usaginokainushi:20190113224326j:plain

7月29日。ベロを出し、目に手を当て、あちゃーとなっているように見える。かわゆい

f:id:usaginokainushi:20190113235110j:plain

8月11日。お気に入りの木の上に笹を運び、かあしゃんに邪魔されないように食べちゃおうとなっている様子。嬉しそうな表情がベリーキュート

f:id:usaginokainushi:20190114000555j:plain

8月17日。アリクイですか?いいえパンダです。このあと、木登り得意ガールはすいすいと木の上に登ったのです

f:id:usaginokainushi:20190114001419j:plain

9月21日。のしのしと歩く姿もかわいいのだ

f:id:usaginokainushi:20190114001611j:plain

9月21日。個人的にかなり思い入れがある写真。初めてお乳を飲むところを見た。シンシンの手が優しい。尊い

f:id:usaginokainushi:20190114001745j:plain

10月27日。笹の中に佇む背中を見ていよいよ独り立ちなんだなと切なくなった。かわいらしい後ろ姿からも貫禄が出てきた

f:id:usaginokainushi:20190114002126j:plain

12月28日。2018年のシャン納め。完全独り立ち後、シンシンといつも一緒にいた屋外放飼場を闊歩。やはりかわいい

1年のシャンphotoを振り返り、シャンシャンのかわいさは天井知らずだとしみじみ思う。私が撮ったヘタクソ写真でもこのかわいさなのだから。

今年の6月に中国に帰ってしまうのか延長になるのかまだわからないけど、後悔せぬように定期的に見に行こうと気持ちを新たにした。シャンシャンにとって2019年が幸せな年になりますように。

*1:後半から働き方改革の影響で逆に忙しくなるという現象が起こり、11月は1回も見に行けなかった

*2:一番楽しみにしていたシャンシャンの従兄弟のパンダハイくんは北京動物園への引越し準備のため見られず…。今年はパンダハイくんリベンジをしたい

*3:選んだ写真はすべて一眼レフで撮り始めた4月以降のもの。それ以前はコンデジでの撮影でイマイチ。動物園オタの皆さんのレンズがえげつない理由がよくわかった。一眼レフはやはりすごい

だってパンダだもん

まんまるい顔にまんまるい耳

体だってまんまるだ

耳も腕も足も黒いのに、なぜだか尻尾は白いんだ

パンダはちょっと抜けている

自分の思い通りにいかなくて、むしゃくしゃ

すぐに忘れてほかの遊びに夢中になって

気づいた時には白いところが泥だらけ

でも気にしない

だってパンダだもん

たくさん寝て、起きたらご飯の時間

笹をむしゃむしゃ

りんごをしゃりしゃり、竹をバリバリ

笑い顔で食べるんだ

だってパンダだもん

子供の勲章

持病の定期検診で半年ぶりに採血をした。採血ルームに子供の泣く声が響く。

その子は「ママ!ママっ、ママぁー…!!!ギヤァー!!うっぅえーん」を繰り返す。

ママに連れてこられてママつって泣いてるのがツボになり、クスッとした拍子に注射の針*1がずれ、血の出が悪くなった。途中から看護師さんが針を押さえながら採血することに。異物感があり痛く、看護師さんもそれを察し申し訳なさそうにしていた。採血後、お互い謝罪。

「泣いている子がママに連れてきてもらってママって言って泣いているのがおかしくて」と話すと、看護師さんが「多分、パパに連れてこられています」と言う。

私が「えーそうなんですか!だから“ママ”だったんですね(笑)。帰りに見ていこう」と言うと、「はい」と苦笑する看護師さん。

有言実行のため、実際に声の主の方を通ったら子供は本当にパパらしき男性に抱っこされていた。私が想像していたよりも小さな子供だった。子供にとってはこんな地獄を体験させるパパ許すまじ状態だろう。

採血ルーム近くで止血をしていたら、子供がケロッとした表情で採血ルームから出てくる。もちろんパパに抱っこされているのだが、大泣きしていた頃の自分と今の自分は違うんだと言いたげな雰囲気だ。奴の腕に巻かれた止血の包帯は勲章に違いない。

*1:翼状針と呼ばれるタイプ

聞きたい歌がある

11月6日(火)に宇多田ヒカルさんのライブツアー初日を観覧。会場の横浜アリーナ*1には結構ギリギリに到着した。

いちばん初めの曲は『あなた』。配信開始早々に購入し、聴くたびに泣きそうになっていた曲を生歌で聴いていたら込み上げるものがあり、案の定涙腺が緩む。歌詞を反芻してしまうと本格的に泣くと思ったので脳内に歌詞を起こさないように努めた。JR東海にいろいろ思うところあったけど、それは取るに足らない。冒頭からこの場にいられたことに感謝した。

Traveling』のイントロが流れると会場が一気に盛り上がる。この曲を聴きながら音楽好きの同僚に宇多田さんのライブを観に行くと話をしたときのことを思い出した。

同僚は「ライブを観に行けるのが本当に羨ましいです。自分は同い年なんですよ。デビューした頃からずっと見てきて自分の才能を武器に活躍する姿にすげーと尊敬したし、勇気づけられたし、思い入れが深いんです」と熱っぽく話した。最後にしみじみと「早熟な人でしたよね」と。

30半ばになった彼女が歌う過去の曲はとても心地が良い。彼女がやっと曲に追いついたのだと思った。若い頃、歌っていた時よりもいい意味で肩の力が抜けて気持ちよさそうに歌う。

アンコール後、感無量という表情をしていた。休止していた8年の間にいろいろなことがあったんだなと思う。それは観客である私たちも同じでお互いをねぎらいあうようなそんな空気が流れた。

*1:仕事の都合で東京から新横浜まで新幹線に乗った。新幹線改札機のICタッチ部分に腹が立った出来事は割愛する

鹿と大仏と私

3連休*1の最初の2日が仕事だった*2。うち1日は奈良での仕事。午前中に仕事を終えて、午後は観光すると心に誓う。

新幹線でうっかりメールチェック。受け取ったメールを読み、まぁしょうがないよなぁと思いながら返事。それに対する早々のレスポンスで奈落へ。

天気もどんより曇り空で富士山が見えず、テンションだだ下がり。こんな気持ちでこれから別な案件の仕事をするのか…。そう思いながら「大洗名物 釜揚げしらす弁当*3を食べる。うまい。駅弁の中でも大好きな弁当を選んでおいて良かった。

京都駅で近鉄線に乗り換えて現場に向かう。現場の最寄り駅で下車し、お仕事。想像以上に話が弾む。いいお仕事となった。

待ちに待った自由時間がやってきたが、ふと辛いメールを思い出して落ち込みつつ、うましうるわしの奈良公園へ向かう。鹿も大仏もまだ見たことがないから行ってみたかった場所。

奈良駅で降り、少し進むとさっそく鹿さんに遭遇。鹿さんかわいい。速攻で鹿せんべいを買った。せんべいに群がる鹿たちのかわいさたるや。ちょっ噛むなよ。鹿の洗礼を受けた。幼い鹿の中には人が苦手な個体がいるようで警戒しながら鹿せんべいを受け取る。それもまた愛おしい。

f:id:usaginokainushi:20180924210557j:plain

奈良公園で食と音楽のイベントがやっていた。奈良で行ってみたかった店が食部門で出店しており、そこの梅サイダーをいただく。一気飲みし英気を養う。

「いざ、大仏!」と、東大寺へ向かう。鹿さんは当然という顔で堂々と信号無視して横断歩道を渡る。ドライバーは奈良だしなぁ、鹿だしなぁという雰囲気。その様子を見て、奈良っていいところだと思う。おおらかになるしかない*4

タクシーの運転手さんはいつものという雰囲気

フリーダムな鹿たちを見てニンマリする観光客一同

鹿を撫でたり、せんべいをあげたりしながら進んでいるうちに目の前に南大門。塗装が剥げ、質素なようでありながらその造りに歴史の重みを感じる。荘厳。

f:id:usaginokainushi:20180924212445j:plain

大仏、大仏と、唱えながら社殿を見るとデカさにビビる。大仏を見るとでっかい。圧倒的な存在感に見惚れた。大人になってから見てよかったと思いながら東大寺を後にする。

前日、堂本剛さんのコンサートが行われていたとのことで広場に椅子が置かれている

初めて見る大仏様

初めて見る大仏様をやや正面から撮る

記念撮影をするカップルの方へ進む鹿さん

南大門の一部になっているような鳩さん

この日は暑かったので池で涼をとる鹿さん
参道で鹿を撫で、京都に戻ろうかなと考えながら再び鹿せんべいを買う。すると、春日大社の厄除けの文字が飛び込んでくる。行くしかない!鹿に鹿せんべいを悟られないように鹿を撫でながら春日大社を目指す。

f:id:usaginokainushi:20180924215214j:plain

f:id:usaginokainushi:20180924215250j:plain

樹木が生い茂り、東大寺とは違う厳かな雰囲気。巫女さんも可愛らしい。拝観料を払えば社殿に行ける。ここまで来たら厄祓いだ!ブロンズせんとくんにあいさつし、中へ。春日大社は美しい。途中、写真を撮った時フラッシュが焚かれてしまい無粋なことをしてしまったと後悔。

f:id:usaginokainushi:20180924221133j:plain

f:id:usaginokainushi:20180924221055j:plain

f:id:usaginokainushi:20180924221103j:plain

鹿にせんべいをあげながら帰ることに。芝生の広場のようなところで鹿さんたちに盛大にせんべいを配る。かわいいかわいすぎる鹿。小さな池で水浴びしつつ水飲み。

正面を向く幼い鹿さん。凛々しい表情

GPSをつけている鹿。参道の店主の話によるとGPSをつけている鹿が何頭かいるそう

親子と思われる2頭の鹿
まだ鹿と戯れたいと鹿せんべいをまたまた買う。流石に奈良駅近くの子達はお腹いっぱいになっている。少し戻って広場でせんべいを配った。

こんな幸せになれるなら毎年鹿に会いに来たい。まだ興福寺に行ってない。次回は子鹿のシーズンに興福寺だ。すっかり辛いメールのことを忘れて帰路に着く。

*1:9月15日〜17日

*2:初日は仙台。このまま仕事だけして帰ってたまるかと思って現場行く前に伊達政宗像を見に行った。こんな山の上なの?って雨の中ハアハアいいながら登った。ポケモンGOのジムをやぶったけど、速攻やぶられた

*3:米の上に海苔の佃煮、しらす、梅干し、明太子が載っている。まずいはずがない最強の布陣で実際最強に旨いのだが、話題性に欠けるおかげでだいたい買える

*4:しかし、鹿せんべい屋が鹿をひっぱたいて怒るという場面を2度ほど見た。お前ちょっと待てよ!相手、鹿だぞと叱りたくなった

今週のシャンシャン【11】

GW期間中は抽選観覧だったので、10日ぶりくらいのシャンシャン。5/13(日)に訪問した。

おなじみ、リーリーからスタート。

f:id:usaginokainushi:20180812235219j:plain

竹を物色しにやってきて…

f:id:usaginokainushi:20180812235318j:plain

これだ!となる。リーリーはよく竹を嗅ぐ仕草をするらしいので、グルメなパンダさんなのかも。

f:id:usaginokainushi:20180812235535j:plain

背を向けてもぐもぐ。パンダはやっぱり後ろ姿もかわいい。リーリの一挙手一投足を心ゆくまで眺め、ホッキョクグマを見に行く。

f:id:usaginokainushi:20180812235800j:plain

プールがある展示場にいないと思ったら陸側にいた。雑草の花だけど、ホッキョクグマと花ってすごく似合う。

リーリーとホッキョクグマを見て、西へ移動しようかなという時に迷子の男児と遭遇。その子は涙を拭いながら一人で歩いていた。一度は知らんぷりしようとしたが、気になって「ひょっとして迷子になっちゃった?」と声をかけると、「うん」と首を縦にふる。迷子の呼び出しをする総合案内所まで一緒に行こうと話し、一緒に向かうことにした。

迷子になった場所を聞いてみると結構遠い場所。そんなところから一人で来たの!?となり、怖かったね、偉かったねと話す。いろいろな話をしていたら、だんだんと本人の気持ちが落ち着いたらしく唐突に迷子になった経緯を話し始めた。「まだ見てない動物が見たくて一人で歩いちゃったの。そしたらみんないなくなっちゃったんだぁ」。

「そうだったんだね。怖かったでしょう。でも、おかあさんたちも心配してるよー。一人で行っちゃダメだねぇ」と話すと、その子はうんうんと言う。ええ子や。

そうこうしているうちに案内所に到着。係りの人に「迷子の子です」と伝え、その子には「これで安心だね。頑張ってね」と話しかけた。安心したように「うん」の返事。迷子の呼び出しのアナウンスを聞きながら西へ向かうと、西から走ってくる女性。あの子のおかあさんかなと思った。

西に到着。

f:id:usaginokainushi:20180813000147j:plain

雑毛刈りされたアルパカ。

f:id:usaginokainushi:20180813002837j:plain

飼育員さんに撫でられ待ちする羊とヤギ。「私を」、「いや私を」、一同声を合わせて「撫でてください」となっている様子。かわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813000627j:plain

*1おなじみケープハイラックス。多分、オスの方。いつも歯が出ているのがかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813003025j:plain

久しぶりによく撮れたコビトカバ

f:id:usaginokainushi:20180813003404j:plain

推し動物の中のひとつである、ハイイロジェントルキツネザル。やはりかわいい。

f:id:usaginokainushi:20180813003537j:plain

この日、初めて起きている姿に出会い心奪われたタテガミオオカミ。耳の大きな犬のような愛らしい顔。上野動物園に夫婦でいたメスが産んだ双子*2。メスが亡くなり*3、兄弟は飼育員さんの手で育てられた。2匹とも足に障害がある。多分、この子はオス。

f:id:usaginokainushi:20180813004140j:plain

多分、この子がメス*4。おやつをあげたくなるかわいさ。

f:id:usaginokainushi:20180813004506j:plain

シャンシャンの観覧時間が近くなり、東へ移動する。ホッキョクグマがご飯タイムだった。飼育員さんが餌を投げると華麗にキャッチ。

f:id:usaginokainushi:20180813004646j:plain

プールに落ちた餌を捜索する様子。

f:id:usaginokainushi:20180813004733j:plain

見忘れてはならぬ、ゴリラの赤ちゃんリキ。

ようやくシャンシャンの時間に。

f:id:usaginokainushi:20180813004857j:plain

飼育員さんはお掃除タイム。「おまえたち、おそうじがんばりなさい」と、お嬢様感を醸すシャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180813005037j:plain

「忘れてたけど、私眠かったんだ」となるシャンシャン。

f:id:usaginokainushi:20180813005200j:plain

最適なベスト寝ポジションを探る

f:id:usaginokainushi:20180813005238j:plain

ちらっとサービス。

f:id:usaginokainushi:20180813005339j:plain

「やっぱり眠いです」となるシャンシャン。

*1:自分が好きすぎるがゆえに

*2:オスとメス

*3:育児放棄もしてたとかなんと説明書きがあった気がする

*4:数日後、上野動物園に行ったとき、悲しくなった