ハイク以上の長文

Haiku!するには長目で躊躇するやつ用。

『カフェ・ソサエティ』

先にこの映画を観た友達がジェシー・アイゼンバーグが監督しつつ出演もしていた頃のウッディ・アレンそのものと言っていた。その通りで笑う。立ち居振る舞い、話し方、洋服の着こなしまで似ていた。いずれにしてもジェシー・アイゼンバーグはかわいい。 

1930年代のハリウッドセレブのラブコメ。 

主人公はニューヨークからハリウッドへやってきたボビー。「ニューヨークはダメ、俺の実力が出せない。俺の実力を発揮できるのはハリウッドだ」みたいな感じで、ハリウッド映画の有名エージェントである叔父フィルを頼りに出てくる。 

フィルの元で働き出し、フィルの秘書ヴォニー(ヴェロニカ)に恋する。しかし、彼女はフィルの浮気相手だった。ボビーがそれに気づくまでのやりとりに笑う。 

なんやかんやハリウッドの裏側を知り、「ハリウッドの水は俺には合わない。やっぱ本気出せるのはブルックリンだわ」となるボビー。軽い。 

ギャングの兄がやっていたナイトクラブで働き始め、ハリウッドで得た人脈を生かしながら成功させていく。その過程でもう一人のヴェロニカと出会い結婚し、家庭を築く。そのナイトクラブにフィルとヴォニーがやってきて、焼けボックリに火がついてしまう。 

お互いあの時、自分たちを選んでいたらというたらればの世界に思いを馳せるが、それでうまくいったかはわからない。たらればはやっぱりたられば。 

浮気を軽快に描くもんだから笑いながら「好きになったらしょうがないよねー」って思ったりもするが、冷静に考えるとやっぱだめだよなってなる。ただ、浮気にしろギャングにしろコントのように扱えるのがフィクションの醍醐味だよなって思った。